2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

カテゴリー「趣味」の記事

2009.06.16

布ぞうり作ってみました。

Photo先月、AEDの講習を受けた、公民館のママさん向け学習講座。今月は「布ぞうりを編む」教室です。
布ぞうり…ってもしかして初めて聞く方もいらっしゃるでしょうか。わらのかわりに古シャツやぼろ布などを裂いて作った紐を編んで作るぞうりです。リサイクルの一環ですね。
本当はこの日までに自分で布を切って用意しなければならなかったんですが…適当な古布がなく、講座で用意してくれた布を購入しました(^_^;)
コウスケはこれまた講座で用意されている託児にお願いして(相当、泣いていました…最近なぜか後追いが激しい…)、10時ごろから1時ごろまで約3時間、一応片方ができました。思っていたよりは簡単だったかも。
でもポイントとなるところはちょっとややこしいので、すぐにでももう片方を編まないと、すぐ忘れそうです(-_-;)

はいてみたところ、もらった布がいまいちだったのと、私の編み方が雑だったせいで、はさんだ指が少しきつかったのですが、夏の素足には気持ちいい感じです。
うーん、時間があれば、サナエ用を作ってみたいんだけどなぁ。

そしてちょっぴり、落ち込み。たまたま隣にいた人は、先生や周りの人に「上手~」ってほめられてたけど(布のセンスもよかったし)、私ときたらテキトーに編んだ上に間違えて、先生に「右端は下から下からって言いませんでしたっけ!?」なんてしかられる(?)始末(いや、これにはわけがあって…と言い訳しておく)。やっぱり手芸は向いてないのかしら(;_;) 先生みたいに何かマスターして人に教えられるって、かっこいいよなぁ~、と帰りの道々思ったのでした。

2009.01.12

イバラードを読んだ

20090113105354
12月は晴れの日も結構あって、本当に福井の冬?という感じでしたが、今週は雪!雪!雪!…新聞の天気予報欄は雪だるまが行進しています(^^;) せっかくの連休だというのに…
それにもめげず、昨日・今日は買い物ツアーに行きました。昨日は西松屋やトイザらス、今日は…ユニクロとスーパー。気がつけば財布のお札がない(--;)

今日はそれに加えて、新築の内覧会も行ってきました。新聞チラシにあった、「ご来場アンケートを書いた方には先着で粗品(バームクーヘン)プレゼント」の文句に惹かれて(笑)
家を建てる予定なんてさらさらないのに、案内する側もいい迷惑だと思いますが、私、人呼んで(?)「住宅展示場&モデルルーム荒し」。この方法で今までに数々の粗品をゲットしました。
・ハンドソープ&タオルセット
・綿手袋
・クリスマス飾り(列車みたいなデザインで超かわいい)
・クリスマスブーツ(お菓子の詰め合わせ)
・スパークリングワイン
(アンケートを書くので、後々DMがじゃんじゃん来ます。個人情報を提供して買った、とも言えますが…)
そして今回、首尾よくバームクーヘンもいただきました♪さっそく今日のおやつになりました。プレーンとカフェオレ味の2色になっていて、なかなかおいしかったですよ(^^)
…ほんとはねぇ…自分の理想の家を建てて、あるいは最新設備の広いマンションを買って、住みたいんですよ。子供の頃からの夢ですもん。
早奈恵のお友達の家に行くことが増えて、どういうわけかどこもうちより広くてきれいなところばかりで、そのたびに自分の家と比べてため息ついて…
かなわぬ夢と知りながら、こんな家に住めたら、と毎日のように住宅のチラシを見つめたり、モデルルームや住宅展示場へ行ったり、「ビフォーアフター」を見たり(笑)、しています。
ま、趣味と実益を兼ねてますね。

今日は夜寝る前に、サナエに本を選ばせたら、どういうわけか「イバラードの旅」を選んできました。
絵本だし、私の本箱もいっぱいだから、まぁいいか、と思ってサナエの本箱に入れといたんですが、今までまったく素通りでした。
今日は本箱から取り出して、ぱらぱらページをめくっていたので、まさか…と思っていたら、本当にそれに決めてしまいました。

こんな難しいの…と思いましたが、とりあえず読んで(私も久しぶりに読んだのでちょっと新鮮♪)、サナエに「むずかしくなかった?」と尋ねると、
「むずかしくなかった」と言い、後で、
「さいしょの方はむずかしくなかった。あとのほうはむずかしかった」と付け加えました。始めの、電車が走っていくところがよかったらしいです。後半は確かに、意味不明でしょうねぇ…(Kさんでもわからないと言っているので(笑))

もう少し大きくなって、もしまた読むことがあったら、その時はイバラーダー2世が誕生するのでしょうか?

2008.10.30

新しい本屋さん

最寄の小型ショッピングセンターに、地元の書店が県内最大規模だという店を新規開店しました
今日と明日はお買い上げ先着1000名様に花鉢プレゼントということだったので、さっそく行ってきました♪
2階建てで1階が書籍・文具、2階がコミック・CD・DVD、結構広くて品揃えもなかなかのものでした。
つい、勢いで(^^;)、本を4冊を買ってしまいました。3冊は絵本、1冊は趣味の本。「くれよんのくろくん」「そらまめくんとめだかのこ」いずれも作者はなかやみわさん。人気の絵本ですね。図書館で借りたら、サナエがかなり気に入っていたので。いつも、図書館で何度も借りるのに買うととたんに読まなくなるので心配ですが、この日は一応読んでくれました。
もう一冊が「そらいろのたね
こちらは「ぐりとぐら」と同じ作者によるもの。私が子供の頃好きだった本です。行きつけの内科・小児科(笑)の待合室に置いてあって、行くたびに読んでいた記憶が。
サナエに読んで聞かせると、一応「面白い」とは言ったものの、いまひとつでした。お話よりも、エキストラ出演(?)しているぐりとぐらを見つけて喜んでいました(^^;)。内容的にちょっと、難しいんですよね。もう少し大きくなったら、楽しめるかな。
ま、いずれにせよ、サナエが読まなくてもコウスケが読んでくれるかも、という期待をこめて、投資しちゃいました。

そして趣味の本というのは、これ。
北欧の切り紙 インテリア・モビール
雑誌かチラシに切り紙の本が紹介されていて、にわかに興味を持ったのですが、今日探した中で、すぐに作れて楽しめそうだったので。

サナエが午前保育の日だったので、あまりゆっくり見てまわる時間がなかったのが残念。
今度はサナエを連れてきて、好きな本選ばせてみようかな。

2008.05.07

天使の贈り物

朝、洗濯物を干していてなぜかふと、ある漫画を思い出した。
「天使の贈り物」。
我愛する漫画家、北条司の初期の短編だ。作品としては非常にたわいもない、できた漫画とは言えない作品だが、初の短編集や自選短編集の表題作になっているところからすると、作者なりに思い入れがあるのかもしれない。
ストーリーは大学生の主人公が通学途中のラッシュの電車で、小さい女の子を拾って(?)しまうところから始まる。もうすぐ3歳になるという女の子は主人公をパパ、彼のガールフレンドをママと呼んで離れようとしない。物語は彼らのその後の顛末をコメディタッチで描いている。
作者は当時の自分の娘をモデルに女の子を描いたそうだ。その言動などは確かに、身近に子供がいるのだろうと思わせる描写が多い。
私がこの作品を初めて読んだ時は高校生だったので、実感は薄かったが、今自分の娘が3歳になって、改めて読んでみると…なるほどな、と思わせる部分もあった。ただ一番違うのは、漫画の女の子はすでにおむつが取れているが、うちのサナエはまだおむつをしていること…だろうか(^_^;)。
同様に、この半年間のサナエの言動を見ていてよく思い出すのが、「となりのトトロ」のメイちゃんだ。言葉の間違いかた(「とうもころし」や「おじゃまたくし」)、お花を並べて「お父さんお花やさんね」とごっこ遊びなど…あぁそうそう同じと、子供が生まれる以前にはなかった新しい感動がある。

2008.02.14

手作りORプロ?

今日はバレンタインデー、ですよね。
バレンタインデー、誰かにチョコあげますか?
最近は義理・本命だけじゃなくて、自分へのご褒美チョコや、友チョコ(友達にあげる)なんてのが盛んですが…
私の場合は現在あげる対象が1人しかないので、楽っちゃ、楽です(笑)

しかし…
結婚している方、旦那様へのチョコレートは手作りしますか?それとも買いますか?

続きを読む "手作りORプロ?" »

2008.01.20

気がつけば7ヶ月目

昨日から妊娠7ヶ月目に入りました。早いといえば、早いですね…

今日はどういうわけか、家族全員一歩も外に出ず、家で過ごしていました(^^;)
別に体調が悪かったとかいうわけでもなく、みんな元気だったのですが(私とサナエは鼻風邪ひいてますが)、外出の予定もなく。
私なんて昨日も今日も一日中家にこもってます(笑)
ま、明日からはまた普段の日に戻るわけで。たまにはこんな週末もいいかな(?)

そんなわけで今日は適当なことをたらたらとつづります。

続きを読む "気がつけば7ヶ月目" »

2007.08.26

安彦良和原画展

安彦良和原画展どうもこの春から、私の元(?)オタク心をくすぐるようなイベントがちょくちょく発生しております。大好きだった「地球へ…」がテレビアニメ化されたり、海洋堂展があったり…
そして今回は「安彦良和原画展」!

続きを読む "安彦良和原画展" »

2007.04.24

フードプロセッサーで… 

最近気になっている調理道具が、炊飯器とフードプロセッサー。
先日も図書館で炊飯器クッキングやフードプロセッサーを使った料理の本を借りたり、友人からもフードプロセッサーで作るお菓子の本を借りたり。
ちなみに以下がその本です。
炊飯器でおいしいレシピ―決定版

フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ-どんどん作りたくなってくるおかずとお菓子とパン91点

フードプロセッサーでお菓子革命―あっけないほど簡単な新しいお菓子のレシピ

フードプロセッサーでパン&デザート革命

今日は「フードプロセッサーで絶対作りたくなるレシピ」の中から、チーズケーキを作ってみました(またしても写真撮るの忘れたな〜)。
クリームチーズに生クリーム、サワークリームと乳製品3種使用のレシピで、材料を入れてプロセッサーでガーッと混ぜて、型に入れて流すだけ。とてもラクチン。
材料費がけっこうかかるので買ったほうが安いかも(笑)と思いましたが、できあがりは上々で、Kさんには大うけでした。
ちなみに私が持っているプロセッサーは実家から譲り受けたふるーいふるーいナショナルの機種。最近のナショナルのはパン用の羽もついていて、パン生地がこねられるのですが、この機種は古すぎてその羽根も対応していません(T_T)。
通っているパン教室推奨のプロセッサーもいいなーと思いつつ、でもホームベーカリーもあるし、ブラウンのマルチミックスも買っちゃったし、それほどヘビーユーザーでもないし、もったいないなーと思って、当分はこの古いのを活用していくつもり。

2006.08.15

「ゲド戦記」見てきました

Kさんにサナエあずけて映画館行ってきました。
ジブリ最新作「ゲド戦記」。
原作はアーシュラ・K・ルグゥインの児童文学ですが、私、中学生の時に読んで以来のファンなのです。
ファンタジー数ある中で、指輪物語より、ハリポタよりもこの作品が好き。
でもどちらかと言えばマイナーな作品で、巷で取り上げられているのをほとんど見たことがなかったので、ジブリが映画化すると聞いて正直びっくりしました。
そして宮崎駿ではなく、息子の宮崎吾朗が監督すると聞いて2度びっくり。
宮崎さんに息子がいたって知らなかった…(笑)…いやこれは失礼。

で、映画見た後の率直な感想は。

これを「ゲド戦記」だと言ったらファンが怒るよ、てな感じ。
熱心な宮崎ファンの素人が、宮崎アニメっぽい映画を頑張って作りましたって感じ。
何というか…一つの映画作品としてなってない感じ。
見ているうちに、何だか私が中学生の頃、「ゲド戦記」に触発されて書いたファンタジー小説(^^;)を思い出しましたよ。
…そのくらい、造りが子供っぽくてちゃっちいってこと。

そもそも「ゲド戦記」自体、映像化するのはとても難しい作品だと思うんですよね。
「指輪物語」なども、そう言われてきたけど、あれは技術面の問題が大きかったと思う。
「ゲド戦記」はたとえ技術が進歩しても、その独特の世界観や内容からして、相当力量のある人でなければ、映像化・映画化するのは困難だと思うのです。
まして、映画を作るのは初めてという素人=宮崎吾朗さんでは、とてもとても。

ただ一つ、歌と音楽は、私好みで気に入りました。
だから文句言いながら、しっかりブックカバーとサントラを買ってしまった(^-^;)
テルーの歌覚えて、子守歌に歌ってあげようかな、なんて。ハハハ…

さて作品の内容に関わることをもう少しだけ、以下にコメントしておきます。
ネタバレありなので、これから見ようと思っている人は読まないほうがいいかな。

続きを読む "「ゲド戦記」見てきました" »

最近のトラックバック