2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

カテゴリー「育児」の記事

2012.10.12

結局ですね…

運動会前日の朝、6度台に熱が下がりました。大事を取ってこの日も休んだものの、これなら大丈夫と、園の先生にもそう報告しました。本人も元気そうに遊んでいたのです。
が。
当日、朝早く起きてお弁当を作っている最中に、コウスケ早々と起きてきて、ぐずぐず言いながらリビングの座椅子に寝転がってしまいました。相方Kさんが熱を測ったところ…
38度台。
がーん。
まじかい。

熱のわりには元気そうなのですが、本人はあまり行きたくないようす。
迷った挙句、休むことになりました。
朝が8度台だと、午後また上がる可能性もあると考えたからです。
しかし朝食もぺろっと普通に食べてサナエと遊びまくるコウスケ。
ちょっとがんばって行って来たらよかったのかも…?
でも決めたものはしかたありません。

午後、サナエは同日にあった自分の卒園した園の運動会にKさんとともに出かけました。
コウスケが運動会に行ってたら、行けなかったのですが…皮肉なもんです。
二人が帰宅後、せっかく作ったのでお弁当を、室内にシートを広げて食べました。
弁当だけ運動会。
あ、写真撮っとけばよかった。この年は行けなかったのね、ってことが後から見てわかるもんな。

夕方、入浴後にコウスケの体を見ると、手足、腹の一部に赤いポツポツがざあっと出ているじゃありませんか。
なんじゃこりゃー

あわてて本とか調べましたけど、私がみた範囲では該当なし。
気になって…翌日、日曜でしたが当番医を探して車飛ばして受診してきました。
医者の診断では、ヘルパンギーナとか大きな病気ではなく、アレルギーかウィルス性のものでしょうと。

翌月曜日も休みでしたが、午後になって今度はサナエが発熱。先週から咳してるなぁと思ってたら案の定。
たしか先月の連休もコウスケの熱でどこも出かけられなかったんだよな…とほほ。

火曜日になってもコウスケの発疹は残り、心配なのでまた休んでこんどはかかりつけの医者へ。サナエも受診。
そしてやはり、ウィルス性のものとの診断がでました。エコウィルスとか、風邪ウィルスの中には発疹を出させるタイプのがいるんだと。まぁそれも人によるそうですが…
サナエは普通の風邪でした。

そんなこんなで今年の運動会はさっぱりでしたが、コウスケは特に気にするふうでもなく。
水曜からやっと登園。特に嫌がるふうでもなく。
運動会の練習が嫌だったからあんなに登園を渋ったのかな。
木曜もそんな感じで、特に問題なく登園しましたが…
今日金曜日は、家を出る寸前になって、また「幼稚園いきたくない~」を再発。

はぁ~…
まだ当分、悩まされそうです(^_^;)

2012.10.04

もうすぐ運動会…

今週の土曜日が、コウスケの幼稚園の運動会なのですが…
昨日の夕方から本人が熱を出しまして(-_-;)
今日は園を休みました。
一日中、8~9度台の熱が下がらず…
でも本人はけろっとしてご飯もちゃんと食べるし(しかもおかわりするし)おやつも食べるし遊んでるし。
でも昼間はさすがに一度昼寝しました。それにやっぱり普段よりはおとなしい。素直に言うことを聞く(笑)

2学期に入ってからずっとそうなのですが、先週あたりから特に、「幼稚園いきたくない」病にかかっています。登園時間が近づくと「幼稚園行きたくない~」とぐずる。ひどい日は朝起きた時から行きたくないを連発し、着替えはしないご飯は食べないで、暴れるのを押さえつけて着替えさせ靴を履かせ、ちょっと強引にバス乗り場まで抱っこで連れて行って乗せたりしました。バス乗り場まで行くと、あきらめてか渋々乗るんですが、乗ってから泣いてたり(汗)
先生の話では園に着くと普通に楽しそうに友達と遊んでいるらしいのですが、運動会の練習中に、年長年中さんたちの応援合戦の大きな声などを聞くと泣き出したりするらしい。うーむ運動会の練習が嫌なのか。
確かに家では、「玉入れの練習をした」とか「かけっこした」とかの報告はするんですが、ダンスを披露したりなどはなくて(たまに、やってることもあるがこっちが気づいてみるとやめる)…あんまり楽しみにしている雰囲気はありません。
サナエが幼稚園の時は(今でも)運動会や発表会は楽しみで、家でもよく踊りをしてみせてたんですが(笑)。登園を嫌がることもなかったし…(福井の園は月2で土曜日登園があって、お父さんが休みなので渋ることもあったけど、オヤツが出るよというと行ってた)
先生に相談すると、休ませると癖になるので、体調が悪いのでなければ来させて、とのことだし、周りに言うとそういう経験をしている子は結構いるので、まぁ気長に付き合うしかないか…という感じです。

とりあえず、運動会行けるかな。あるいは終わってくれないかな。

2012.07.08

公園遊び

Kさんを休ませたく、私が二人を散歩&公園遊びに連れ出しました。

散歩と称して、普段通過するだけで曲がったことのない道を曲がり(コウスケはそれだけで不安がって嫌がった)、でっかいビニールハウスを発見。
戻り道には小さいが立派な神社も発見。

来た道を戻ってなじみの公園へ。
と言っても、サナエには隣の校区なので、友達に出会うことはほとんどありませんが…
コウスケと同じ幼稚園のお友達には会いました。
と言っても、違うクラスで親同士も子供同士も顔見知りではありませんでしたが…

20120708_2


前日まで雨が降っていたので、ご覧のとおりあちこちに水たまりができていました。
でもこのときとばかり、子供たちは水たまり遊びに興じていました。

葉っぱを浮かべて船にしたり、アメンボを見つけたり…

まだ梅雨明けは先かな。

2012.07.02

七夕ミニ発表会

コウスケの幼稚園で七夕にちなんだ発表会がありました。
学年ごと、クラスごとの発表で、コウスケたち年少さんは歌と手遊びの発表です。
月曜日ですがサナエは土曜参観の振り替え休日で、一緒に見に行くことができました。
さらに、相方Kさんの実家のお母さん…おばあちゃんも見に来てくれることに。

120702_tanabata01


コウスケのクラスは一番最初の発表でした。
コウスケは、緊張したのか一応身振り手振りしていましたが、無表情で口も開けてないし…歌ってたのかな?
視線が泳いでたのはどうやら客席の私たちを探していたみたい。最後に見つけて手を振ってきたり。
まぁ彼なりにがんばったのでしょうけどね(^_^;)

それにしてもコウスケのクラスの落ち着きのないこと。
女の子が前、男の子が後ろで一列ずつ並んでいましたが、特に男の子が、きょろきょろしたり歌と違うポーズをしたり、中には泣き出す子まで…
続く他のクラスは女の子と男の子を混ぜて3列に並ばせていましたが、そのせいかもう少し落ち着いてちゃんと発表していた感じ。
コウスケのクラスもそういう風にすれば、もう少しましだったんじゃ…
と思うと、ちょっと残念でした。

ま、次回に期待しますか。

2012.06.30

参観日でした

今日はサナエの小学校の参観日でした。
土曜日なので相方Kさんとコウスケも同行。

小学校は結構参観日の回数が多くて、1学期中にすでに一度行っています。
1年生の時のと合わせると、結構な回数行っていて、最近の小学生の落ち着きのなさ、ざわざわした感じは良くも悪くもすっかり慣れてしまいました(^_^;)

でも2年生になって担任の先生が変わってから、ちょっと変化を感じました。
発表の手がよく上がるようになったこと。
1年生の時はほとんど挙げてなかったサナエが、今日は何度も挙げていました。
やっぱり先生が違うと雰囲気も変わるもんかなぁ。

1年生の時はまだ経験も浅い、若い先生でした。
がんばってはいらっしゃるが、授業の声も小さく、正直牽引力に欠けている気がしました。
今年の先生はベテラン。さすがです。声もきちんと聞き取れるし、授業の進め方も手慣れたものです。
前回の参観の時は道徳の時間で(!)題材として絵本を読んでいらっしゃいましたが、これがなかなか上手で感心しました。

しかし、今日の参観の時にちょっと気になった…というか驚いたことが一つ。
子供たちの名前をすべて、下の名前で呼び捨てにしていたこと。
手を挙げた子供たちを指名するとき、たとえばうちのサナエなら「サナエ」、とか、ほんとに名前だけを呼ぶのです。「ちゃん」「くん」づけもなし。
相手によっては、あだ名か愛称で呼んでいることも…

うーん私が小学生の時にはあり得なかった気がします。
確か私が子供の時には名字で「さん」づけで呼ばれていた気が…
まぁ小学校低学年の記憶はほとんど無いに等しいので、実際どうだったか怪しいのですが…

名前で呼ぶことがいいのか悪いのか、私にはわかりません。
いまや小学校から英語を学ぶ時代、欧米風にファーストネームで呼ぶのもありなのかなぁとも思います。
私が昭和の感覚で古いのかな(^_^;)

でも先生と生徒の間には何か一線ひかれているべきのようか気がして…
遊び仲間じゃないんですよ。教える立場なので。
相手が子供でも敬称を付けて呼んでもいいのでは…と。

あー、やっぱり難しく考えすぎなのかな。
今度保護者会があるので聞いてみようかな。
何か意図があるのでしょうか…と。

2012.06.17

製作展

今日はコウスケの幼稚園の「製作展」でした。

「製作展」なーんていうとずいぶんカッコイイですが、なに、4月からいままでに園で「お製作」したものを見てもらう日です。
家族みんなで見に行けるようにか、日曜日に設定されています。
一応登園日なので制服を着ていきます。

まずは粘土制作
Donuts_2「ドーナツ」

だそうです。
粘土のかたまりにねんどへらで穴をあけただけですが…
まぁコウスケ、ドーナツ好きなので(^_^;)

続いて自由画。
Ouchikuruma_2「お家車」

コウスケによると「おうちくるま」と呼びます。先生わざわざ漢字で書いてくださってました(笑)
そのものズバリ…おうちがくるまになっているという…

家でも、一時期こればかり描いてたことがありましたねー

そして工作
Lion「ライオン時計」

時の記念日にちなんでいるとか…
はさみの練習をしているので、自分で切った折り紙をテイッシュの箱に張り付けたようです。

それからおりがみ製作
Fune

まぁこんなもんかなぁ~

幼稚園に入ってから、今までよりも折り紙やお絵かきに興味を持つようになりましたね。

続きを読む "製作展" »

2011.09.01

ホットスポットと幼稚園

千葉県へ引っ越して、1年が過ぎた。
こちらの生活にはもう慣れた…と言いたいが、あのまま福井に住んでいればなかったであろう二つの悩みを、目下抱えている。

続きを読む "ホットスポットと幼稚園" »

2011.06.15

ミスドで昼食

今日は「千葉県民の日」で、サナエの小学校(公立)はお休みです。
千葉県民になって10ヶ月の私にはちょっとびっくり。もと兵庫県民ですが、「兵庫県民の日」なんてのはなくて、小学校もそういう自治体の特例で休みになったことがない。隣の神戸では「神戸まつり」の日は市内の小中学校が休みになってたはずで、ちょっぴりうらやましかったですね。(実際には祭りに参加するため子供たちは忙しそうですが)

それはさておき、先日ミスドで「焼きド」新発売のチラシが入っており、かつキッズセットのおもちゃが「ポケットメイト」であると書いてあったため、ぜひ行かなくては!と舞い上がってしまいました。
おりしも今晩・金曜とKさんは夕食不要(外食)…となれば、うちらも一回ぐらいいいだろう。
というわけで、子供たちを連れてミスドでお昼、とあいなりました。

続きを読む "ミスドで昼食" »

2011.05.23

100年先の未来に

今日お風呂で、上がる前に久しぶりに、わたしが子供の頃、父方の祖父から教わった数え歌を歌った。
サナエが小さい時から時々歌っているもので、サナエも大体は覚えている。コウスケも覚えていないがまねして歌う。
こんな歌だ。

一番始めは一の宮
二また日光東照宮
三は讃岐の金比羅さん
四また信濃の善光寺
五つ出雲の大社(おおやしろ)
六つ村々地蔵さん
七つ成田の不動さん
八つ八幡(やわた)の八幡(はちまん)さん
九つ高野の弘法さん
十(とお)でところの氏神さん

これほど信心かけたなら~(何かお願いごとをいう。たとえば『コウスケのオムツも取れるでしょう~♪』とか)

最後の一行は祖父が勝手に加えた部分かも知れないが、数え歌の部分はもしかしたらいろんな地方で似たような歌が歌われているかもしれない。

サナエが今日はこの歌をふざけた替え歌で歌おうとしたので、
(小学生になってからどうも悪ふざけが増えた気がする…(-_-))
わたしは、
「この歌はふざけて歌わんといて。この歌はお母さんのおじいちゃんから教わったんや。
おじいちゃんはおじいちゃんのお父さんかおじいちゃんに教わったやろから、もしかしたら100年くらい前から伝わってることになるやん。
サナエが覚えてくれたら、100年先の未来に伝わるやろ。すごいと思わへん?」
と言った。
サナエはわかったのかどうか、
「うん」
と言って、それからは普通に歌ってくれた。

100年前ではなく、おじいちゃんの代に考え出された歌のような気もするし、
『100年先の未来』なんて、ちょっと大げさだけど(^_^;)
たとえば有名な文部省唱歌でもなく、歌集に載ってるわけでもないし、実家の中では私しか知らない(祖父の子である父も知らない)。
だから私が歌わなければそこで消えてしまう運命の歌だ(やっぱり大げさだな(笑))

わたしにとっては子供の頃おじいちゃんと過ごした大事な思い出のひとつだから、サナエやコウスケに伝えられたら、そしてサナエがまた自分の子や孫に伝えてくれたら…
なんて、ちょっと未来を夢見たりする。

きっとたくさんの古い歌が、こうやって伝わっているんだろうなぁ、と思う。


ちなみに相方Kさんも子供の頃お風呂上りの数え歌として、
「ひとだまひとつ、ふたしてふたつ」で始まる歌を親から教わったらしい。
彼が最近お風呂で子供たちに歌っているのかどうかは知らないが、
これはけっこういろんな本に載っているので、大丈夫だろう。

2011.05.20

給食の試食会

サナエの小学校で、給食の試食会があったので、コウスケを連れて行ってきました。
当日の献立をそのままいただくのですが、一食280円を実費で払い、エプロン三角巾持参で実際に配膳もします。
ちょうど6年生が修学旅行で教室が空いているので(食器も?)、それを利用する形です。

献立は、
・わかめごはん
・鮭の花園焼き(三色のピーマンを混ぜたマヨネーズソースをのせて焼いてある)
・ピーナッツあえ(菜っ葉と人参を胡麻和え風にピーナツで。ちなみにピーナツは千葉の特産品)
・味噌汁(豆腐とわかめ)
・みかんゼリー(透明なゼリーにみかん缶)
・牛乳
という和食の献立でした。
写真撮っておけばよかったなぁー。

おいしかったですhappy01
ファミレスやコンビニ弁当よりも家庭料理っぽい献立と味付けで、好感が持てましたnote
食器は強化磁器で、おはしも使っていました。
わたしたちの頃って食器はアルミだったような。落としてもへこむだけの。

もちろんコウスケの分はないので、家からおにぎり等持参。
コウスケも鮭とピーナツあえ少々、牛乳を飲み、ゼリーはほとんど食べられてしまいましたcoldsweats01

食事の前に栄養士さんが説明してくれて(栄養士は常駐)、献立の作成から調理、食後の洗浄までずいぶん神経を使ってるんだなぁーという感じでしたし、わたしたちの頃の給食に比べて、さらに良くなってるなぁという印象でしたよconfident

より以前の記事一覧

最近のトラックバック