2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« ふたたびスキー場へ | トップページ | サナエ、便秘になる »

2008.02.23

両親学級

先週は少し暖かかったのに、今日はまた真冬に逆戻り。
寒さに震えながら、産婦人科の両親学級に行ってきました。
経産婦だし別に行かなくても、と思われそうですが、今回初めてのことも多いんですよね。
まずそこの産院で産むのが初めて。福井での出産やKさんが立ち会うかもしれないというのも初めて。サナエがいるというのも当然前回と違うし、実母にこちらへ手伝いに来てもらうのもしかり。ということで、前と共通しているのは出産そのものと赤ちゃんの世話だけ、という感じです。
それで、この病院のシステムを知ったり出産のときのことを思い出したいという希望もあって参加したというわけ。
…あと、いまいち自覚のないKさんに、もう少しその気になってもらいたいなぁという(私の)意図もあり、です(笑)

私たちが参加している間、サナエは病院に付属の託児所で無料であずかってもらえました。
いつも保育園に行ってるし大丈夫かな、と思いきや、入り口で別れようとすると大号泣!かなり強引にあずけてきてしまいました(^^;)

会場は病院の食堂で、私たちも入れて15、6組ぐらい参加してたかな。妊婦さん1人で参加されている方もおられました。
講義をされる看護師の挨拶があったあと、まず病院付きの栄養士さんからのお話。ここの病院では入院中の食事を「母乳食」と「普通食」から選べるようになっています。
「母乳食」というのはおっぱいを出すのにいい食事、という意味で、肉・卵・牛乳や白砂糖などを使わず、野菜・雑穀と魚介や大豆製品を中心とした食事だそうです。
ご飯は玄米ご飯や雑穀ご飯。白砂糖のかわりにてんさい糖やメープルシロップを使ったり、例えばオムライスは卵のかわりにカボチャクレープをのせてそれ風にするんだそうです。最近流行(?)の、マクロビオティックみたいな食事のようですね。
でも献立例を見たら品数も多いし和洋中そろってるしとてもおいしそう。
試食として玄米ご飯(小豆入り)のミニおにぎりと砂糖を使わずさつまいもとレーズンの甘みだけで作ったクッキーにハーブティーがでてきました。食べてみましたがなかなかおいしかったです♪クッキーは普通のものと違ってかなりあっさりしてましたが、自然なお味で私は好きでしたね。隣に座っていた若い夫婦はなんだかイマイチ…って顔をして、おにぎりも残っていましたけど。口にあわない人は「普通食」も選べるので、心配はなさそうです。
いずれにせよ、サナエのときの市民病院の食事とは雲泥の差なので、それだけでもう十分♪(市民病院のは特に朝食がひどかったもんな…毎朝、イギリスパン2枚にゆで卵、パックの牛乳とバナナ、みたいな感じやったもん)

病院での食事についてに加えて、これから出産までの食事についても一言ありました。「甘いものとは上手なお付き合いを。お母さんの栄養にはなるけれど、赤ちゃんの栄養にはなりません。食べていいのは一日に片手一杯まで。例えばみかんひとつ食べたら、それ以上はダメ」「妊娠高血圧症候群に注意してください。もしそうなったら即入院で出られません」
私は最近おろそかになっていたので反省させられました…(^^;)
お昼は1人なので面倒くさくて、インスタントで済ませたり。おやつも結構食べてました。今週だけで体重が1キロ増えちゃって…。
もし今高血圧で入院させられたらとんでもないですし(>_<)。心を入れ替えよう。

栄養士さんのお話の後は元の講師のお話だったのですが、これがいまいち…でした(--;)
声は小さくてはっきりしゃべらない。ぼそぼそ言ってひとりでうなずいて納得してる。食堂の照明が暗かったためなのか、テキストを読んでもすぐつっかえる。いきなり話がとんで、テキストのどこを説明してるのかわからない。
テキストはさっと目を通してみましたが、けっこう詳しくきちんと書いてあっていいテキストだな〜と思ったのに、肝心のお話がこれじゃ…(--;)まわりの参加者も皆退屈そうでした。
せっかく「両親学級」なんだから、もっと旦那さんのためになるようなことを教えてくれたり実践させてくれたりすればいいのに。例えば陣痛のときどんな風に対応してあげればいいか、とか。何のためにKさん連れてきたんだか…。呼吸法の話も何もありませんでした。
質問の時間があったので、私一人手を上げて、「呼吸法にもラマーズ法とか色々ありますが、こちらでは何をされるんですか」と聞くと、「別に何かの呼吸法ではありません。ただこちらの誘導で息をしてもらうだけです。やっててもお産になるとパニックになってできませんから」
…確かに私はそうだったけどさ…(^^;)
でも予備知識があるのとないのとでは多少でも違うと思うんだけど。出来る人だっているだろうしさ。サナエのときにかかった病院ではどちらもきちんと指導があったよ。
正直、がっかりでした。
最後に赤ちゃんの沐浴のさせ方を人形を使って実演してくれましたけど、そんなのは入院中にやってくれれば十分…と思ったのは私だけかしら。

その後病室の見学ができたので、のぞいてみました。私は友人が入院中にお見舞いに行って知ってましたけど、Kさんは初めてだったので、興味深げに見ていました。「ビジネスホテルよりきれい」だって。
ちなみにこの産院は個室を中心に、2人部屋・3人部屋や、ベッドが二つあって家族が泊まれる部屋や、お風呂・応接付の特別室というのもあるそうです。もちろんそちらはお値段も張りますが…
市民病院のときの4人部屋も悪くはなかったけど、個室の方がやっぱり気楽ですね。お見舞いがあったときも気兼ねなく話せるし。

予定よりも1時間も早く終わって(^^;)、サナエを迎えに行ったら、はいていったズボンが変わっていました。紙おむつにしてたんですが、大量におしっこして漏れてしまったそうです。
最近、おしっこの回数が少ないんですよね…この日も朝から一度もしてませんでした。その分一度に大量に出たみたい。ちなみに便も便秘ぎみ。去年まではホント快便だったのに…
すっかりトイレ嫌いになってしまったので、無意識にガマンしてるのかな。それだけためられるようになったんだから、本人が行く気にさえなってくれれば、すぐオムツもとれそうなのに…なかなかうまくいかないものです(-_-)

« ふたたびスキー場へ | トップページ | サナエ、便秘になる »

マタニティ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39919/40683360

この記事へのトラックバック一覧です: 両親学級:

« ふたたびスキー場へ | トップページ | サナエ、便秘になる »

最近のトラックバック