2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.30

大掃除もままならず…

私ってほんまナマケ者なんです(--;)

サナエがちゃんと保育園に行ってるんだから、早くから段取りよくぱっぱと進めてりゃ、もうとっくに終わっているはずなのに…
大掃除。
まだ終わってません(>_<)
昨日からサナエもKさんも冬休みに入り、家にいるのに申し訳ない(T_T)
昨日はお風呂掃除をまとめてやり、今日は正月用品や食品の買出しにつきあってもらい、結局窓拭きの一部をKさんにお願いしてしまいました(--;)
面目ない。

私自身も、早めにやっておけば、こんなぎりぎりになって慌てなくて済んだし、家族にも迷惑かけずに済んだし、楽だったのに(--;)

追い込まれないとやらないタイプです。
時間ができると、かえってさぼってしまって何もしないの。
お昼食べたらぼーっとテレビ見てたりとか。家事の合間につい雑誌読んでたりとか。ADHDかっていうぐらい集中力がない…
おかげで、写真の整理とかもいまだにできてない…
夏休みの宿題はぎりぎりまでやらない、
週末に会社から持ち帰った原稿を日曜日の晩までやらない、
そういう人間でした。
主婦になっても直りゃせんね。

明日はおせちの残りを作ってしまってー…掃除の続きをして…その他もろもろ。
ちなみにおせちは全部は作りません。簡単なものだけ。
今日は栗きんとん・田作り・なます。
明日は煮しめのかわりの筑前煮・えび・ぶり照り焼き。
他は買ってきたものばかり(^^;)
ここまで手抜きしてるのにねぇ…

来年こそはさぼらないよう、がんばります。
なんといってももう時間がないし。

あとは…もう少しサナエにやさしくしてあげたいな。
よそのママさんブログとか見てると、みんなとても親らしいの。
子供をかわいがっているというか。
尊敬してしまいます。
私は…ひどいもんです。
すまん、サナエ。

2007.12.23

クリスマスパーティ(のつもり)

ケーキを作る1ケーキを作る2

明日はKさんが出勤なので、うちのクリスマスは本日。
ケーキはスポンジケーキを買ってきて、朝から飾りつけをしました。
実はワタクシケーキのデコレーションって初めてでして(^^;)、生クリーム塗ったら恐ろしく表面がでこぼこになってしまいました(>_<)なんかこつがあるんだと思いますが…こんどパン教室行ったときに聞いてみよ。
ともかくできた土台にみんなで飾りつけ。サナエも楽しそうにいちごを載せていました。乗り気じゃなさそうだったKさんも最後はクリームを絞ったりして(残ったクリームは直接彼の口の中へ…笑)。
一応、こんな感じにできあがりましたー♪
自家製?クリスマスケーキ
午後は嫌がるサナエをムリヤリ昼寝させて、私はフォカッチャの作成にとりかかりました。
NHKの「きょうの料理」でやってたのを作ってみたかったんですよね。
ちなみにフォカッチャって、イタリアのピザの原型とも言われる、ちょっと塩味の効いたパンです。
パン教室でもずーっと前に習ったんですけど、今回はテレビのレシピで。もちろん手ごねです。
材料をまとめてこね始めましたが生地のかたいことかたいこと…
テレビでは10分ぐらいと言ってましたが水を足したりこね時間を延長したりして、もう腕が筋肉痛になるぐらいこねて、やっと一応納得できる状態になり、一次発酵へ。…うーん何がいけなかったんだろう…
発酵時間が長いので、その間に福井市長選挙の投票に行きました。
前の市長さんが体調不良で退任したため、こんな年末の忙しいときに(しかもクリスマスやし)急遽選挙。…投票率低そー(--;)

ディナー?ごちそうは大したものは作らず、とり手羽元(安いし(笑))の唐揚げにサラダ、にんじんのポタージュ、それにシャンメリー(サナエはじゅーす)。
でもフォカッチャ作成と平行したためか結構時間がかかってしまいました。


フォカッチャフォカッチャのできあがりはこんな感じ。
オリーブ油をかなりたっぷり使うレシピで、手に持っただけでけっこう油がつきます。
私的にはもうちょっと表面をかりっとさせたかったけど、Kさんとサナエにはわりと好評だったので、まぁよしとしましょう。

ケーキ1ピースそして今回のメイン(?)のケーキ。
家長にカットをお願いしまして、いただきました。
見た目はともかくおいし〜♪
サナエ、おかわりを要求したほどです。<ゼイタクな2歳児だっ!
それもそのはず、よく考えたら材料費めっちゃかかってます。スポンジとクリームに上等なのを使ったし、いちごは今年、とっても高い!
…で、合計したら2000円オーバー…(^^;)
15cmのケーキで2000円以上って…ケーキ屋さんでプロの作った美しくておいしいのが買えそうです。

ま、面白かったから、いっか。
来年は思いっきり手抜きをするつもりです(笑)

2007.12.17

風邪再び…

今月初めに中耳炎を起こして治ったのもつかの間、また鼻水タラーンの日々が続いていたサナエ。
昨日は軽い下痢で3度も軟便が出ました。
それに咳をしたときにひどく痰がからむようで、夕べも夜中に何度かぐずっていました。
そのためか今朝はちょっとしんどそうでなかなか起きられず。
朝食後はかなり元気になったので、とりあえず一度病院で見てもらうことにしました。

先生も聴診器を当てて「前のときより痰がからんでいますね」と言って、抗生物質と鼻水や咳の薬をくれました。
今回処方された抗生物質は苦いのでアイスクリームなどと混ぜて飲ませればよいとか。薬局では「飲み合わせ」の一覧表までくれました。アイスクリームの銘柄まで載ってて「スーパーカップ」や「爽」は★★★で「さっぱりしすぎ」とか「ハーゲンダッツ」は★★★★★で「甘くてこくがあるので(薬が入っていることが)ほとんどわからない」とか…チョコレートシロップなんかも五つ星になってました。なんだかちょっとお遊び入ってるみたい(^^;)作った人、実際になめてみたんでしょうか。

熱も6度台だったし元気そうだったので、保育園に送っていきました。
私は買い物などを済ませてお昼に戻ったら、留守電がチカチカ。
保育園から連絡で、「サナエの目が充血していて熱が7度8分あり、ぐずっている」とのこと。
園では先月、「流行性角結膜炎」という病気がはやったことがあり、先生はそれを心配されたようです。
なんにせよ、ちょっとまずいと思ったので、サナエの昼寝が一段落したところを見計らって迎えに行きました。
行ってみると目は特に充血しておらず(私が思うにぐずり泣きのせいで一時的に目が赤くなったのでは…)、サナエも朝とほとんど変わらない状態でした。
家に帰るとけっこう元気で跳ねるわ唾吐くわ叩かれるわ…(--;)ほんとに熱あるんかいな。
くだんの苦い薬は、おやつのとき家にあった「スーパーカップ」に混ぜて食べてもらいました。めったにアイスは食べさせてないので、サナエ、ニコニコ顔で完食(笑)

しかし夕方辺りから熱が少しあがったせいか元気がなくなって、夕食もおかずは半分以上残し、ご飯は海苔巻きにしてやっと食べてくれました(おかゆにしときゃよかった…)。
入浴も中止、8時前に布団に入れたらあっという間に寝てしまいました。
それからも時々うなされて泣き出します。
明日は休んだほうがよさそう…

それにしてもこの天気はどうにかならないもんでしょうかねぇ…
12月に入ってから、丸一日晴れた日がひとつもないんですよ。
ずーっと雨、曇り、たまに晴れ間が見えたかと思うと数時間もしないうちにまた曇り、雨、時々あられ、雷…(以下繰り返し)
特にうちは一台しかない車をKさんが通勤で使っているため、雨でも風でもレインコート着て自転車乗っています(妊婦が何やってんでしょうかねー)。よっぽどひどいときはタクシー呼んでますが…
毎年のことで慣れてきたとはいえ、やっぱり嫌なもんです。
早く春よ来ーい。

2007.12.15

保育園の発表会

発表会今日は「生活発表会」とやらがありました。
要するにクラスごとに劇をしたりミュージカルをしたり…学校の文化祭みたいなもんですな。
土曜日だけど平日なみに早起きしてサナエを送って、そのまま会場のお遊戯室へ。
元々あまり広くないお遊戯室には舞台がしつらえられていっそう狭くなったところに、観客がすでに一杯になっていました。
それでもクラスごとに座る位置が大体決まっていたので、私は前の方に席を確保。
保育園の発表会って…年齢幅がすごくあってある意味面白いですよね。
オープニングは年長さんの和太鼓で、なかなか見事なものでした。で、次の出し物は一転して0歳児クラス。すたすた歩いてダンスを披露する子がいる一方でよちよち歩きを始めたばかりかな、という子もいるし、発達の違いがすごく出ていて、なんだかほのぼのしちゃいました。

サナエのひよこ組は絵本「はらぺこあおむし」を元にした劇みたいなもの。
2・3歳児の劇とは言え、立派に配役もあって(といっても一つの役を何人かでしますけど)、サナエはあおむしに食べられるイチゴの役でした(笑)
なんせ小心者のサナエのこと、セリフなんて言えるのかしら…と思っていたら、意外にも(?)、先生の質問に答える形で一言だけですが、ちゃんと言えました!
えらいぞサナエ!
その後、巷で話題の(?)「おしりかじり虫」を踊る場面があったんですが、これはどうやら緊張してしまったらしく、ほとんど踊れませんでした(^^;)
先生によれば練習のときはとても上手に踊ってたそうですし、家でも歌ったりお尻ふってちょっと踊ったりしてたんで、期待してたんだけど…残念。
サナエは歌ったり踊ったりはけっこう好きみたいなんですよネ。
その方面が伸びてくれたらいいなぁ。

2007.12.14

今日の晩ごはん

Kさんが尼崎へ出張に行っているので、朝から普段行かないショッピングセンターに繰り出したりなんかして、遊んでしまいました(--;)
年末やのにこんな遊んでいていいのか自分!

…といいながら晩御飯も手抜き…
ケチャップで顔描いたら、サナエには好評でした。
名づけて
「にっこりオムライス」
にっこりオムライス
これに水菜のスープを添えました。<水菜は生のサラダだとサナエが食べてくれないの

実はオムライス作ったの初めてなんです(^^;)
むずかしーい!
卵で小山のご飯を包むってどうやってあんな芸当が出来るんでしょう!?

まぁお皿に盛ったご飯に卵をかぶせるっていう簡易型(?)オムライスもありますが、私の中ではやっぱりラグビーボール型のすっぽり卵にくるまれたのがオムライスなので挑戦してみましたが…
破れました(>_<)

出先のKさんに写メールしたら「うまそう」のコメントが。
ちなみに彼、梅田で友人たちと飲んで終電に間に合わず、新潟行きの夜行で帰ってきました、2時半頃に(笑)
さすがに私はもう寝てましたけど。

2007.12.12

パン教室クリスマス講座(2)

Xmasブーツとクグロフ2日連続でパン講座なんて、ゼイタクしちゃいました。
これもサナエが元気に保育園に行ってくれているおかげ…(感謝)

今日は「クグロフ」と「プレゼントシューズ」。
毎年定番で開かれている講座で、去年は受けられなかったので今年はぜひこれだけは、と思っていました。

「クグロフ」はご存知の方もおられるかもしれませんが、フランスでクリスマスに作られるお菓子です。イーストを使って少し発酵させるので、パンとケーキの中間のような感じ。
昨日のパネトーネや、有名なドイツのシュトーレン同様、これも洋酒漬けのドライフルーツをたっぷり生地に入れます。この辺、ヨーロッパ共通なのかも。
形が独特で、ドーナツのように穴の開いた山形の型に、生地を流し込んで焼きます。
いつものパンと違って、フードプロセッサーで材料を混ぜたら成型することもなく型に流し込んで終了。後は発酵させてから焼くだけ。思ったより簡単そうです(^_^)

そして「プレゼントシューズ」のほうは、食べるパンではなく、飾り用のパン。
その名の通り、中にキャンディなどのお菓子を詰めて誰かにプレゼントするのにぴったりです。
薄く延ばした生地に型紙をあててパーツを切り取り、靴の形に組み立てていきます。
…それが不器用な私には意外に難しく…
常に他の受講者よりも遅れてしまい、先生に何度もフォローされました(^^;)
ちなみに今日は、私以外の生徒は私よりもずっと年上の生徒さんばかりで、ちょっと緊張しました。
組み立てているときはどうなるかと思ったけど、焼きあがるとちゃんと靴の形になっていて感激。
一応食べることもできますが、全然おいしくないそうです。
さらに、半年に一回ぐらい焼直せば、何年ももつそうです。
すごーい。

クグロフはその場で試食。うーんこれもおいしい。
今週末のおやつはこれに決まり。

2007.12.11

パン教室クリスマス講座(1)

ショコラパネトーネ&かぼちゃのラップサンド毎年この時期に開かれる、パン教室のクリスマス講座。
来年はまずムリだと思うので、今年はサナエが保育園に行っている時間を利用して、2回、受講してきました。
今日はその1回目でメニューは「ショコラパネトーネ」と「かぼちゃのラップサンド」です。
パネトーネは元々イタリアでクリスマスシーズンに作られるパンの一種。
パンと言ってもドライフルーツをたっぷり入れた、お菓子のようなパンです。
去年はオリジナルのパネトーネを受講しましたが、今回は教室独自のアレンジバージョンで、生地はココア生地、フルーツに加えてチョコチップも入れた、大人向け(?)チョコレートバージョンです。
そしてかぼちゃのラップサンドはカボチャを練りこんだ生地を直径12cmぐらいの集めのクレープのような形に成形して焼き、具を巻いて食べるというもの。
今回はレタスを敷いて鶏胸肉とカボチャ・赤パプリカを合わせたサラダを巻き込んで仕上げます。

どちらもその場で試食しましたが、おいしかったです♪
かぼちゃのラップサンドは見た目の色に反してそれほどかぼちゃかぼちゃしておらず、あっさり食べられる感じ。かぼちゃのかわりにさつまいもなんかを生地に練りこんでも作れそう。

以前通っていた講座で知り合った友人とも久々に会って、子育てのことなんかも話したりして(彼女もサナエと同い歳の子供がいます)、楽しいひと時を過ごせました♪

2007.12.10

予防接種、となぜかスープ

保育園から帰ったサナエを追い立てて(?)、小児科へ連れて行き、インフルエンザの予防接種を受けさせました。
まぁ受けたからといってかからずに済むかといえば、その限りではないけれど、できるだけリスクは避けたいですからね。
(私自身も受けたほうが良かったのかも…?しかし妊婦が予防接種受けていいのか?しかも咳続いてるし…)
ちなみにKさんは受けません。変なプライド(?)があるのか、受けたくないようです。ま、実際今までにかかったことはないみたいですけど、年々風邪を引きやすくなっている彼。旅行前からの風邪はいまだに続いていて、特に夜になると激しく咳き込みます。布団に入っても1時間ぐらいは咳で眠れないみたい。大丈夫かな。

かかりつけの総合病院ではなく、近所の個人の小児科へ行きました。
理由は料金が安いから。
そこの小児科は先生が少々クセ者ということで避けてるんですけど、注射はほんとに注射だけなので、去年もそこへ行きました。
慣れない病院のせいか、ちょっと緊張気味のサナエ、診察中も注射のときも号泣でしたけど、おまけのミニ消しゴムをもらって機嫌を直してくれました。
サナエぐらい小さい子は2回受けないと免疫がつかないようですね。
1週間以上開けてもう一度来るように言われました。

さてまったく関係ないのですが、寒くなってきたせいか、ここのところスープにはまっています。
それもお湯を注ぐだけでできるインスタントのスープ。
一人のお昼ご飯、それもパン食のときに重宝しています。
あとは…ひそかな夜食とか。
妊婦にはとても良くないんですけどね…(^^;)

それで最近買ったのが、ベルメゾン・マンスリークラブの「スープなしあわせ ぎゅっとしあわせ2007」。
毎月フリーズドライのスープが届く、マンスリークラブの「スープなしあわせ」コースの中から人気の高かった上位10種類の詰め合わせセットです。
「スープなしあわせ」自体は興味はありつつも、今まで取ってなかったのですが、今回オマケに弾かれて買ってしまいました。
そのおまけというのは、「ヒヨコのオリジナル マグカップカバー」です。
上についたヒヨコのマスコットがとてもかわいくて…

実際届いたスープについて。
うーん…ひとくちで言うと…
濃いです。
私にはとても塩辛い…
すでに5種類以上試しましたが、どれも味が濃くて塩辛くて…
具はけっこうしっかり入ってるし、市販品にはあまりなさそうなバラエティに富んだスープばかりで、魅力的なんだけど。
でもスープだけを食べるには辛すぎます(^^;)
白ご飯とか何もつけないパンとかと一緒に食べないと喉が渇きます。
一度昼食のときにKさんにも食べてもらいましたが、やはり辛くて飲めないとの評価。
我が家が薄味に慣れちゃったのかな?
ネットで検索しても「おいしい」という評判しかないので、このぐらいの辛さはスープとして普通なのかな。
でもクノールとかポッカのインスタントスープと比べても塩辛いと思うんですが。どうでしょう。
「いや!おいしかったよ!」という方、ぜひコメントを!
「確かに辛いよね」という方も、ぜひ(笑)

とりあえずリピートはなしです。
まだたくさん残ってます。
しまったなぁ…

2007.12.07

17週6日 検診日

今週に入ってから、私は風邪をひいてしまい、鼻水・くしゃみは大したことなく熱もないけど昨日ぐらいから咳がひどくなってきてしんどいです。おかげで傍目にはちょっと怪しいマスク女と化しています。
Kさんは旅行前からの風邪を継続中。サナエは旅行から帰った後、風邪から中耳炎になり、今週は治ったものの、保育園のクラスでは水疱瘡が流行っているとか。今日もくしゃみしてたし、余談を許しません…(>_<)
天気はすっかり北陸の冬。毎日毎日、まーいにち雨!
時にはあられも降っています。
日差しが恋しいなぁ…

そうこうしながらも妊娠5ヶ月目に入りました。今日は4週間ぶりの検診日。
先週半ば頃から、なんとなく胎動(?)のような、お腹の中で空気が動くようなのを時々感じるようになったので、「あ〜赤ちゃん元気なんだな」とやっと安心できるようになりました。それにしても2人目はお腹が出るのも早ければ、胎動を感じるのも早いみたい。
前回血液検査を受けたので、今日はその結果も聞くはずです。サナエのときは貧血の診断が出て鉄剤を処方され、ただでさえ便秘ぎみなのがさらにひどくなって死ぬ思いをしたので、今回はサプリメント服用で予防していますが、果たしてどうでしょう。

天気が悪いからなのかなんなのか、今日はわりと空いていて、待ち時間もごく短くてすみました。
尿検査・体重・血圧とお決まりの測定をして(体重は前回+1kg…できれば前回と同じにしたかったけど^^;)、診察室へ。
今回からは内診ではなく横になってお腹の上からのエコーです。
腹囲などを測ってエコーの機械をあてて…約3年ぶりのことで、なんだか懐かしいな。
赤ちゃん、大きくなってました。画面で見ると赤ちゃんの真上に大きなカタマリのような物体があり、なんだか窮屈そう。カタマリは胎盤とのこと。
先生が機械を動かしながら、これが背骨…脚…など説明してくれます。
一瞬ですが、横顔がはっきり写りました。
あ、なんだかサナエとは全然違う顔みたい。
サナエがお腹にいた頃、確か20週ぐらいのときのエコーで、はっきりと横顔の写真が撮れたことがありました。その鼻の形が、特徴的なKさんとあんまりそっくりだったので、なぜか「女の子やわ」と思ったんですよね。(私の中で女の子は父親に似るというイメージがあったためらしい)
ん〜今回は?
後でもらった写真は、顔の形がわかるような状態では写っていませんでした。残念。
でもビデオを録っているはずなので、後でもう一度見てみようと思います。
検診の結果は、特に問題なし。赤ちゃんの大きさにも問題なし。
血液検査の結果も大丈夫でした。…ほっ。

それにしても…あいっかわらずKさん無関心!
夜、鉄サプリを飲みながら「血液検査で貧血でなくてほっとしたわ〜」と何の気なしに言ったら、
「今日検診やったん?」
「うん」
…以上終わり。
夫婦の会話、なし。

「赤ちゃんはどうやった?」とか、なーんにもなし。
ちょっとぐらい、気、に、し、て、よー!

まぁ私も相変わらず意地悪で、写真とかビデオとかこちらからは見せずじまいでした。でも何か見せても喜んでくれなさそうで張り合いがないよ。

今日は彼、お酒を買ってきていました。
杏露酒。
お酒飲めない彼が自分でお酒を買うことはめったにありません。
買うのは、眠れない日が続いたときに飲んで眠るためです。

しんどいな…

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

最近のトラックバック