2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« 昼寝をしなかった日 | トップページ | 「予約がいっぱいです」 »

2007.10.29

幼稚園の面接

2人目が生まれたら、サナエ同様2〜3年は育児に専念するつもり。
そうなると保育園にはいられないので、来春からは幼稚園の3歳児クラスに入園させる予定です。
福井市街地の幼稚園はほとんど私立で、10月1日から一斉に募集開始。
なにしろ妊娠がわかったのが9月初めでしたから、下調べなどあまりしておらず、駆け足で見学してまわり、迷った結果、家に一番近い幼稚園に決めました。
Kさんは2番めに近い幼稚園の方が、教育方針などの点で気に入っていたし、私は別の幼稚園がイチオシだったのだけど、そこは家からは園バスでないと通えず、普段車のない私にはいざというときの足がないため断念。
決めた幼稚園は大規模な幼稚園で、サナエのようなタイプの子を預けるには不安もあったのですが、説明会に参加したときはサナエもけっこう楽しそうにしてたし、やっぱり家から歩いても行ける距離というのは、赤ちゃんを抱えることになる私としては安心感があったわけで…Kさんを説得しちゃいました。

さて今日はその幼稚園の面接の日。
といっても合否とかには関係はなく、入園後の指導の参考にするため、だそうです。
サナエは今日は保育園を休ませました。面接の後、行きたいところがあったからです。
普通は入園が決まってから書くような書類をさっそく書いて持参。
面接がどんなだったかというと…
園長室で園長先生と主任(?)の先生と、提出した書類についてごく簡単に質問されただけ。
私は5月に出産予定で、もし里帰りした場合は入園が7月とか、2学期になるかもしれません…という話も伝えました。
で、その際、園長先生がサナエに挨拶したり、名前を尋ねたりしたのですが…
サナエ、うつむいて無言のまま。
先生たちは苦笑いしていました。
私は「人見知りするたちなので…家ではよくしゃべるし名前も言えるんですが」と、なんとなくフォロー。
親子の面接はものの5分ほどで終わって、その後、サナエだけ別の部屋に呼ばれていきました。
しばらくして先生からの呼び出し。
サナエ、泣いちゃって、お母さんが隣にいればする、というのでお母さん来て下さい、と。
てっきり子供をしばらく自由に遊ばせて様子を観察してるのかと思っていたら、部屋には机がふたつ、それぞれに先生が座っていて、そのひとつに、サナエが先生と向かいあって座っていました。
机の上には簡単なパズルや絵本、くだものや乗り物などのイラストが描かれた絵などがありました。
どうやら発達診断テストみたいなものをしていたようです。
…でもサナエ、やはり下を向いて何も言わないし、何もしようとしません。
先生が「パズルやってみようか」とか「これ何かな?」とか、「どっちが大きいかな?」とか尋ねてもうつむいたまま反応なし。
先生も困って、「じゃあ絵本見ようか」と私に絵本を見させたのですが、私が動物絵本を見せてページをめくっても…さっきよりは多少見るそぶりはして、一度だけ「カバ」と名前を言っただけ。
先生もとうとうあきらめて、テスト(?)は終了。
教室を出てきたら、さっき呼び出した先生が、「でもちゃんと先生のお話は聞いていましたよ」と変なフォローをしてくれました。

私たちの前に面接を受けていた親子たちは、特に呼び出されたりすることもなかったので、みんなこれを難なくやってたのかな〜。
…でもこれができたからって、どうよ?
思わず「家ではできますよ、こんなのサナエには簡単です!」と言いたくなったけど、何かそれってイヤな親〜と思ったので言いませんでした。

実はサナエには幼稚園のこととか、今日の面接のこととか、ちゃんと話してはいませんでした。
今思えば、きちんと話すべきだったのかな…と。
ただ、保育園の方にも私の妊娠のこととか来年のこととかは話していなくて、私が話す前にサナエから伝わってしまったら、ちょっと困るかな、とか変な考えが頭にあって。
ごめん、サナエ、びっくりしたよね。
…まぁ話しておいたからと言って、サナエが理解してきちんと答えられたかといえば、そうとは思えないのですが。
何しろ毎日通う保育園でも、いまだに先生の前で声に出して名前を言ったり挨拶したりができないので…(^^;)

面接が終わってから、久しぶりに、サナエの入園まで通っていた子育て支援センターへ行きました。
あれだけ足しげく通っていたところだというのに、サナエ、すっかり忘れていて、センターの先生に抱っこされそうになると逃げて私にしがみついたり、おもちゃや滑り台などで遊んだりもせず、緊張しまくってました。
でもそこでお弁当を食べたり、絵本を読んだりキーボードを弾いたりは楽しかったようで。私もしばらくぶりにサナエと遊んだような気がして。
少しほっとしました。

その後買い物したりして帰宅すると、私もけっこう疲れててしばらく座って休んでいました。なんか、つわり終わったと思ってたけど、「連続運転」はきかないみたいです。
サナエは機嫌よく1人で遊んでてくれたので助かりましたが。
おやつに2人でホットケーキを焼いたり、つみき遊びをしたり…
入園までは毎日やってたような行動で、正直私もたまにくたびれてることがあったけど、こうしてたまにサナエと2人、一日過ごすと、ちょっと新鮮でした。
…ん…こんなふうに思う私って育児に向かないのかな。
ちなみに今日もサナエ、昼寝しませんでした。こりゃいよいよ本格的かな。

こんな具合に今日は色々あって、Kさんとも話し合いたいことがまた増えたなぁと思ったんだけど、…今日の彼はまた、不機嫌。
大体、彼の精神状態と体調は、帰宅時の「ただいま〜」の声と顔つきでわかります。
今日の「ただいま」を聞いたとき、あーこれはまただめだな…と思ったけど、案の定でした。
今日のできごとを一所懸命に話すサナエに答えることもなく、もちろん私に話しかけることもなく、新聞に目を落としながら黙々と食事をし、後片付けをし、…10時には就寝準備を始める彼。
…私は…意地の悪い私は、
「体調悪いの?それとも私に対して怒ってる?」
「今日あったことに関心ない?」
とだけ言って台所に立ってたら、しばらくして彼が、
「面接だめやったん?」
…あ…覚えてたか…
「別にだめやったとかじゃなくて、合否に関係するわけじゃないし、」と私が今日あったことをかいつまんで話すと、彼は聞くともなしに聞いて、でも結局そのまま寝床に行ってしまった。
どうも仕事が忙しいらしい+体調もあまりよくない+慢性睡眠不足
で、とてもまともに話ができそうにない。
私はあきらめた。

後で、私ってほんと、嫌な奥さんだな…と気づく。
何もこんな嫌味なやり方しなくてもいいじゃないか、と。
彼が聞いていようがいまいが、さらっと話してそれで終わりにすればよかったのに。

ただ、今妊娠中で子育て中だというのに、彼の精神不安定(?)と体調不良が毎月のようにあり、まじめな話を後回しにし続けているので、頭ではしょうがない、そういう人なんだからと言い聞かせながらも、不満がたまりつつあるのだった。
たまに彼の方から相談をもちかけられることがあっても、それはまず遊びに行く相談だ。もちろんそれはそれでいいんだけど、我が家の方針とか、子供の将来とか、そういう私にとっては大事に思えることを、彼の方から切り出したことはない。
そりゃ普段働いてるから、休みの日は遊びたいんだよね。難しいことは考えたくない、逃げたいんだろうけどね。
でも、ちょっとずるいと思う。
私が働いてたときは、仕事のことも家のことも考えてたつもり。
男の人には難しいのかな。

ねぇ、わたし、どこで出産したらいいのよ?
…ていうか、本当に産んでも大丈夫かな?

« 昼寝をしなかった日 | トップページ | 「予約がいっぱいです」 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39919/40683404

この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園の面接:

« 昼寝をしなかった日 | トップページ | 「予約がいっぱいです」 »

最近のトラックバック