2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« 赤ちゃんを見に | トップページ | うんどうかい »

2007.09.09

一乗谷朝倉氏遺跡

相方Kさんの提案で、「一乗谷朝倉氏遺跡」へ行ってきました。
なんのこっちゃ?ですよね(^^;)
福井市内から車で1時間かからない、ちょっと山に入ったところに、戦国時代の武将・朝倉氏の、城下町の跡がそっくり残されているのです。

朝倉氏遺跡まずは中心になる、第5代朝倉義景の館の跡を見学。
館は堀に囲まれていて、その前にはこんな感じで広い庭園が広がっています。
背景が良くて、まるで大河ドラマの世界にちょっと入り込んだみたいです。


唐門遺跡の正面にある「唐門」。門自体は館跡に立てられた寺の門だそうですが、位置はかつての館の正門と同じとか。
堀には太った鯉がたくさんいて、私たちが見ていると、通りがかりのおじさんがそばに売っていた餌を買い、自分で2,3回やったかと思うと、「あとはどうぞ」とサナエに渡してくれました。…スイマセン(^^;)
ありがたく頂戴してしばらく餌やりを楽しみました。

遺跡内中に入ると、屋敷の土台だけでまさに「遺跡」、ちょっと復元想像図でも掲げてくれていたら想像しやすいのになぁ…と思いましたが、そばにいた解説ボランティアの方の話も聞きながら興味深く見学。時々雨が降ってきたり、蜂が寄ってきたりして(!)あせりながらひとまわりしました。

復元町並その後、近くの「復元町並」へ。当時の町並みを再現したものですが、これがなかなかよくできてました。ぱっと見、映画村か撮影所みたいですけど、ここがすばらしいのは、城下町の遺構の上にそのまま、当時の工法や材料を出来る限り利用して再現されているということ。セットじゃなく、限りなくホンモノに近いわけです。
当時の街は武家や寺は土塀をめぐらして門だけが道に開いていて、庶民の家は家の入り口が直接、道路に面していたそうです。
武家屋敷もこんな感じ。
武家屋敷外観武家屋敷

屋敷内

厠庭には「厠」も再現されています(真ん中の二部屋は本来ついてる扉が外されて奥に立てかけられていた)。
ん〜このまま時代劇の撮影に使えそうです。もったいないです。
誰かここを舞台にした小説とかドラマを作ればいいのに。
朝倉氏は信長に滅ぼされたんだそうで、うまく描けば面白いドラマが出来そうなのになぁ。

そういやボランティアの方が言ってましたが、遺跡の見学者はほとんどが県外の人間なんだそうです。福井市や近隣、地元民はほとんど来ないとか…まぁわかりますけどね。
地元にいると、案外その価値がわかってなくて、しかも近いからまぁすぐ行けるや、と思うし。私も初めて神戸の異人館とか観光に行ったのって、社会人になる頃だったんじゃないかな?地元なのに…(笑)

一乗滝1


町並みを出てから、近くの「一乗滝」へ行きました。
大きな滝じゃありませんが、なかなかの迫力です。
一乗滝2今日はけっこう暑かったけど、さすがに滝の周りはひんやりしてました。
不思議なことに、サナエ、なぜか滝の前で泣き出して、初めのうちは近づこうとしませんでした。Kさんと私が交代で滝のそばまで行ってちょっと水に触れたりして、その間も半泣き。しばらくしてやっとそばで見る気になったようでした。
サナエ、後で「泣いちゃったねぇ…」とつぶやいてたので、本人もなぜかよくわからなかったのかも。

« 赤ちゃんを見に | トップページ | うんどうかい »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おお。きばさん、お返事がすご〜く遅くなってスミマセン
一乗谷いらしたことがあるんですね。

正直、私はそれほど期待してなかったんですよ(^^;)
でも思ったより見ごたえがあって。
滝とセットで行くと、半日レジャーにもってこいだったなーと。

うんうん、また行ってみてくださいな。
その際はぜひご連絡を(^^)

おお.行ったことあるある(笑)一乗谷.
我が家の近所(車で5分)には浅井長政の居城小谷城跡があるのですが,朝倉と手を組まなかったら浅井家は残っていたのかも…とか思ったり思わなかったり.

ああいう歴史の舞台になった場所ってとても不思議な感じがして素敵ですよね.
福井なら近いし,また行ってみたいなぁと思いました.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39919/40683412

この記事へのトラックバック一覧です: 一乗谷朝倉氏遺跡:

« 赤ちゃんを見に | トップページ | うんどうかい »

最近のトラックバック