2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.27

おりがみの本

買い物ついでに、サナエの本を買おうと思って本屋に立ち寄った。
図書館で借りた本の中で気に入っていた、「ぐりとぐらの1・2・3」を探したが見当たらず。
代わりにふと思い出して探したのが、折り紙の本。
以前、一冊欲しいと思って、近くの本屋などで探したことがあったが、ごくわずかしか、それも適当なものがなくて、結局買わずじまい。
今思えば探した場所(手芸コーナー)が悪かったのだろう。
子供の本のコーナーに、こんなにあったのか。
しばし迷った末、買ったのが「日本のおりがみ百科」。
昔から伝わっている伝統的な折り紙を集めた本だ。
他にも動物はもちろん、野菜やくだもの、服やお店に文字やファーストフード(!)まで載った本もあって、それらと迷ったのだが、過去に自分が折ったことのあるものを思い出したかったので、それが載っているものを選んだ。

折り紙はもっぱら子供の頃、一緒に住んでいた祖母に教わった。
保育園や幼稚園でも習ったのかも知れないが、一番記憶に残っているのはやはり祖母からきいたもののように思う。
だから、本を開いて懐かしさに何度も声をあげた。
"あ、風船だ、いすにテーブル、やっこさん、かえるに、だまし舟、そうそうカメラもあった…"

家に帰って、さっそく「箱」を折った。前から作りたかったがすっかり折り方を忘れてしまっていた。
夢中になって2種類折ってみた。
…残念ながら直後にサナエにくちゃくちゃにされてしまったので、今はもう姿はない(^^;)。
広告などのいらない大きな紙で作れば、携帯ゴミ箱として使えそうだ(笑)。

折り紙はほぼ日本独自の文化らしい。
大学時代、ニュージーランドでホームスティしたときに、向こうの家族に作って見せたら大いに喜ばれた。
その時は…覚えていた「つる」と「かぶと」を折ったんだったかな。かぶとは向こうの5歳の男の子にかぶせてあげた。

サナエがもう少し大きくなったら、一緒に折って楽しめるかな。

続きを読む "おりがみの本" »

2006.08.20

分譲住宅を見に行く

前にも一度書いたが、私は昔から「家」に興味がある。「建物探訪」や「ビフォアアフター」はお気に入りの番組だったし、マンションや分譲住宅のチラシを見つけるたび、この間取りはいいとか悪いとか、高いとか安いとかあれこれ妄想している。
十代の頃は、将来はこんな家に住みたい、と間取り図まであれこれ描いてたくらいだ。
…しかし、私たちは家を建てる予定は今のところまったくない。
Kさんがまたいつ転勤になるかわからないし、今の収入で大きなローンを抱えるのは無理があるし、遠い将来は彼の実家に同居、なんて可能性もなきにしもあらず。
だから、いくら住宅広告を見て空想したところでかなわぬ夢に過ぎない…
…そこまで家を建てたいなら、なんでKさんみたいな人と結婚したのかって?
それは縁ってものでしょ。(^^;)

この週末は、最近家の近所にできた分譲住宅地のチラシが入っていた。この土日は出店が来たりフリードリンクコーナーがあったり、耐火実験やオール電化の体験車が来たりするらしい。
実は以前も同様な家の見学会に行って、おみやげに洗剤をもらったことがあるので、もしかして行けば何かもらえるのでは、と期待して、猛暑の中、家族3人で出かけてきた。

受付で住所氏名電話番号と動機や今後家を建てる予定などを書いたら、まず四角い箱(中身はハンドソープとプチタオルだった)とスナック菓子の小袋をくれた。わお♪
暑さの中、顔を真っ赤にした若い営業さんについて、すでに完成している家の中を案内してもらう。
はー、さすが新築の一戸建てはいいなぁ(T_T)
IHクッキングヒーター、食器洗浄機、蓄熱式暖房、3重ガラス、24時間換気システム、etc.…最近の家は設備もすごい。24時間換気システムは法律でつけることが決まっているんだそうで、ちょっと驚いた。昔と違って今の住宅は高気密・高断熱だから、シックハウス症候群を防ぐためにもつけることになっているらしい。(ちなみに1ヶ月の電気代は700円程度だそうだ。スイッチを切れば止められるが)

何しろ近所なので、工事している様子は時々見ていたのだが、何だかあっという間に建っていくし、骨組みに壁を貼り付けているような、言っちゃ悪いがスタジオセットの張りボテみたいに見えたので、その辺もついでに聞いてみた。鉄骨の骨組みに、工場で作った部材を組み合わせて建てているんだそうな。だから昔ながらの木造住宅と違い、工期も短く、また高い品質を保てるのだとか。ふうん。でも昔ながらの建築方法だって厳然と残っているって事は、木造には木造のいい面がきっとあるんだろうなぁ。今度はそっちが知りたくなってきたよ。

2軒見せてもらったあと、フリードリンクコーナーでお茶やジュースのペットボトルをもらい、外壁材の耐熱実験や、防犯窓ガラスの破壊実験などを見た。その間に、再びスナックの小袋をもらい、さらに先ほどの営業さんが出店の人形焼を持ってきてくれた(もちろんタダ)。わぁお♪今回は大収穫だ!

こんなぐあいになかなか面白い話を見聞きできた上におみやげをたくさんもらえました。何だかクセになりそう。
次はどこに行こうかな?

2006.08.19

はじめての花火

花火午後、久しぶりのパン教室の後、Kさんに迎えに来てもらって、夕食に回転寿司へ行きました。
…今年のお盆は外食率かなり高いです(^^;)実家に帰る交通費がかからなかった分、いっかー、ってな感じでかなりルーズです…ハハハ(^^;)

回転寿司もサナエは初めてです♪1歳児にお寿司ってどうなんでしょうねぇ。
もちろん生魚はだめだけど、寿司飯ってどうなのかな?すっぱいし甘いし…
というのがわからなかったので、今回ご飯と幼児食のレトルトを持っていきました。
ちなみにサナエはまだ前歯6本、奥歯2〜3本しか生えていないので、かたいものは噛めません。普段のご飯は離乳食というほどではないけど、取り分けてから少し刻んだり、お湯で洗ったりとか、ひと手間かけています。

お寿司はなかなかおいしくて、ついつい皿の数が増えて。
さらにたまたますぐそばで職人さんが出し巻き卵を焼き始めて、そのふんわりの出来上がりをみたらつい注文。
おいしかったです。サナエにもあげたら喜んで食べてました<卵焼き大好きだもんなー

夕食が早く済んだので、帰宅後にベランダで花火をしました。
サナエにとっては初めての花火。本当は花火大会に連れて行く話もしてたんだけど、すごい人気の花火で大変な人ごみ、1歳児を連れて行くのはやめたほうがいいよーと友達に言われて行かずじまい。
その代わりのおうちはなびです。

もちろんサナエはまだ持たせられないので、あくまで見てもらうだけ。
やっぱりちょっと怖がってしがみついてたけど…
夏の思い出になったかしら。

海にしろ花火にしろ、来年の反応が楽しみです。

2006.08.16

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館色々遊ぶ計画の第2弾で、金沢の21世紀美術館へ行ってきました。
朝早めに出て車で約2時間ほどで金沢市内へ到着しました。地下駐車場から出てみると、現代美術の美術館らしく、とてもモダンな建物が。円形で四方に出入り口があって、多くの壁がガラス張り(壁があると気づかずにぶつかってた人を見かけました…(笑)

現代美術館といえば、なにやら理解しがたい「アート」が並んでいて、とりあえず眺めては感心する、というのが一般的なイメージですよね。
ところが、ここは一味ちがっていて、けっこう「体験型」なアートが多く、けっこう楽しめました。
例えば、巨大な縦型の輪(「スターゲイト」って映画のゲートみたい)の中央に、カメラがぶら下がっていて、そこに息を吹きかけると、輪の内側に映し出された自分の姿がくるくる回転する「アート」とか(うーん説明がむずかしい^^;)、真っ暗な円形の広い空間の中に入って楽しむ「アート」とか。
レアンドロのプール一番人気はレアンドロという人の「スイミング・プール」。美術館の中庭にこしらえてあるんですが、これがご覧の通り、プールの水中に人が!?という「アート」。上から眺めてもこんな具合、水中にお客さんが見えるんです。面白いでしょ(^^)
種をあかすと…水面から深さ10cmのところに透明な屋根が入れてあり、そこに水を流し込んで作ったらしいです。

もちろん「なんだこりゃ?」「意味不明」なものもあったのですけどね(作者の皆様ごめんなさい)。

ランチお昼は美術館内のカフェで。ランチメニューにはバイキングも含まれていて、ちょっと値は張るけどいい感じ。バイキング用のプレートは美術館内らしく、パレット形をしているんですよ。
味の方は…すんごくおいしい!ってほどではないけど(^^;)、まぁイケる、ってとこかな。

午後は近くの百貨店のおもちゃ売り場や生活雑貨売り場を見に行きました。サナエに積み木を買いたいね、という話をしていて探してるんですが、そこではこれといったものはありませんでした。

帰宅したのはもう日も暮れた7時ごろ…
ご飯を作るつもりはなかったので、途中でスーパーによってお惣菜を買って帰りました。

2006.08.15

「ゲド戦記」見てきました

Kさんにサナエあずけて映画館行ってきました。
ジブリ最新作「ゲド戦記」。
原作はアーシュラ・K・ルグゥインの児童文学ですが、私、中学生の時に読んで以来のファンなのです。
ファンタジー数ある中で、指輪物語より、ハリポタよりもこの作品が好き。
でもどちらかと言えばマイナーな作品で、巷で取り上げられているのをほとんど見たことがなかったので、ジブリが映画化すると聞いて正直びっくりしました。
そして宮崎駿ではなく、息子の宮崎吾朗が監督すると聞いて2度びっくり。
宮崎さんに息子がいたって知らなかった…(笑)…いやこれは失礼。

で、映画見た後の率直な感想は。

これを「ゲド戦記」だと言ったらファンが怒るよ、てな感じ。
熱心な宮崎ファンの素人が、宮崎アニメっぽい映画を頑張って作りましたって感じ。
何というか…一つの映画作品としてなってない感じ。
見ているうちに、何だか私が中学生の頃、「ゲド戦記」に触発されて書いたファンタジー小説(^^;)を思い出しましたよ。
…そのくらい、造りが子供っぽくてちゃっちいってこと。

そもそも「ゲド戦記」自体、映像化するのはとても難しい作品だと思うんですよね。
「指輪物語」なども、そう言われてきたけど、あれは技術面の問題が大きかったと思う。
「ゲド戦記」はたとえ技術が進歩しても、その独特の世界観や内容からして、相当力量のある人でなければ、映像化・映画化するのは困難だと思うのです。
まして、映画を作るのは初めてという素人=宮崎吾朗さんでは、とてもとても。

ただ一つ、歌と音楽は、私好みで気に入りました。
だから文句言いながら、しっかりブックカバーとサントラを買ってしまった(^-^;)
テルーの歌覚えて、子守歌に歌ってあげようかな、なんて。ハハハ…

さて作品の内容に関わることをもう少しだけ、以下にコメントしておきます。
ネタバレありなので、これから見ようと思っている人は読まないほうがいいかな。

続きを読む "「ゲド戦記」見てきました" »

2006.08.14

越前松島水族館へ

今週いっぱいはKさんがお盆休み。もしかしたら仕事が入るかも…ということで、お互いの実家には帰らないことになりました。(結局、仕事にはでなくていいようになったのですが)
そこで色々遊ぶ計画の第1弾は、サナエ初の水族館、東尋坊の近くの、越前松島水族館へ行ってきました。
うちからは車で40分ぐらいかな。

アザラシの前で昔からあるこじんまりとした水族館で、この日はさすが夏休み、結構お客さんが入ってました。まずはペンギンのお散歩とアザラシのふれあいタイムを楽しみました。残念ながらアザラシは人だかりがすごくて、タッチはできませんでした…でもサナエは水槽の外からアザラシを見て結構楽しそうでした。
それからサメやエイやタコにタッチできるプールとか(でもサナエはもっぱら天井でくるくる回ってる扇風機に注目してたけど^^;)、一般的なお魚たちの水槽を回り終わった頃にお昼。


バーベキュー広場お昼は敷地内のバーベキュー広場を予約しておきました。大人一人1800円の材料費を払うだけで、場所も道具もみんなセット済みで後は焼いて食べるだけ!
これがかなりいい眺めの場所で、期待した以上に楽しめました!


あぁーカキ氷〜サナエはここでもう一つ初体験。
それは、カキ氷♪
あまり暑いので、食後に冷たいデザートが欲しくなって、イチゴ味のカキ氷を買いました。
サナエにもあまり蜜のかかってないところをちょこっとおすそ分けしたら、変な顔しながらも「もっとちょーだい」とおねだり。
何だかケッサクな写真が撮れてしまいました(笑)
結局5口ぐらい食べさせたかな(^^;)
サナエはしょっちゅう下痢するので、今まで冷たいジュースとかほとんど食べさせたことなかったのです。猛暑だもん、さぞおいしかったんでしょうねぇ〜

午後イチでイルカショーを見た頃からサナエはお昼寝。なんせ炎天下、大人もかなりバテます(>_<)
残り、カエルやカメを一通り見て、水族館を後にしました。
「海遊館」みたいに大規模じゃないけど、サナエみたいな小さい子を連れて行くならかえってちょうどよかったかもね。

2006.08.09

ハニースティックパンを焼く

fede6bcb.jpgいつも週末にホームベーカリーで食パンを焼いているのですが、今日は超久しぶりに成型パンを焼いてみました。
といっても生地作りはホームベーカリーまかせ、成型は平たく伸ばして切るだけの簡単成型。長さも形もご覧の通り、適当です(^^;)
砂糖の代わりにはちみつを使い、子供にも持ちやすいよう細長くしたハニースティックパンです。

お昼前にサナエが寝ちゃったので、その間に材料を計量して、パンケースに入れ、冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
なんせ真夏の我が家の室内温度は32度!
材料を冷やしておかないと生地の温度が上がりすぎ、発酵しすぎてうまく焼けないもんですから。何度も失敗して、最近ようやく、材料を冷やすタイミングとかわかってきました。

昼食の間にこねてもらって、昼食後サナエをベランダで水遊びさせながら成型。
2次発酵は適当に時間をとっていざオーブンへ。さすがに暑いのでこのときは部屋にエアコン入れました。
うちのオーブンは小さくて一度に全部焼けないので、2回に分けましたが、最初のは発酵が足りなかった上に少し焼きすぎて、堅くなってしまいました。後のは焼き色は薄めだったけど、ふんわりしていい感じ。

サナエにおやつに食べてもらったら、好評でした(^^)
明日お友達の家に遊びに行く予定なので、おみやげに持って行こうっと。

2006.08.07

そんなもんかな?

朝からお弁当準備しておでかけ。最近は天気がいいので、週に1〜2回は、自転車で子育て支援センターへ通っています。少し早めに出て途中にあるちょっと大きな公園に立ち寄り、サナエ歩く練習(?)&おやつタイム、その後日差しが強くなるので、子育て支援センターへ移動、お昼を食べて帰ったらサナエお昼寝…というパターン。
いつものおやつも、セミの声が鳴り響く公園のベンチに腰掛けてだと、サナエも足をぶらぶらさせてなんだか楽しそう♪なのでした。

そのセンターのスタッフさんに、昨日の海水浴でサナエが泣いた話をしたら、スタッフのお孫さんなどもやっぱり泣いてしがみついてたとか。んーサナエの反応って割と普通だったのかな? 友人の子(サナエと同じぐらい)は浮き輪してばちゃばちゃ足まで動かしたって聞いてたので、サナエの反応にちょっとがっかりしちゃったんだよねー。

そう、そして今日気がついたことふたつ。
その1、海辺にサナエの帽子を忘れてきた!
よりによって高いやつを…(T_T)この間実家に帰ったときに買ってもらった、むぎわら帽子風のカワイイので、気に入って(<私が)よくかぶせてたんだけど。
あぁ、よりによって! マーフィーの法則なのかしらないけど、いいもの・高いもの・お気に入りに限って、すぐなくなったり壊れたりするんだよねぇ。安いものはいつまでも残ってるのに(笑)
その2、日焼けしてた…
日焼けどめ塗ったのになー。お風呂でしみて、こすれないです(>_<)

2006.08.06

はじめての海水浴

5a822e95.jpgサナエにとっては生まれて初めての、海水浴に行ってきました!
場所は家から車で3〜40分ほどの三国サンセットビーチ。サナエが生まれる前には一度、Kさんと二人で、泊まりでカニを食べに来た辺りです。

サナエはこの日元気だったものの、ちょっと鼻水足らしてて、万全とは言えない様子。でもとりあえず「水遊びパンツ」はかせて海辺へ連れて行きました。
しかーし…
初めての海にかなりおびえてしまって、私たちにしがみついて号泣。
30分ほどはずっとその調子(--;)
海に興味はあるらしくて、時々じっと眺めては指を指したり、水や砂をちょっと触ってはみるものの、あまり遊ぶ余裕はありませんでした(--;)

サナエと同じぐらいの子も時々見かけたけど、けっこう遊んでたゾ。
サナエ、相変わらずなんて怖がりなんだー。
おかげで私たちもあまり遊べず…(>_<)
せっかく浮き輪も用意したんだけどなー。

来年はどうでしょうか。
水着も買って、ぜひリベンジしたいもんです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近のトラックバック