2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.29

誕生

出産の記録Part2

こちらも長いので、お暇なときに…

続きを読む "誕生" »

2005.03.28

破水

出産の記録Part1

とても長いので、興味のある方はお暇なときにどうぞ。
…出産前の方にはおすすめできないかもしれませんが…(^^;)

続きを読む "破水" »

2005.03.27

その後…

昼食後、なんだかだるくて眠くて昼寝していたら、お腹が痛くなって目が覚めました。それから1時間とかおきに不規則に、顔をしかめるぐらいの下痢のような腹痛。
夕方からは、鈍い生理痛のような感覚とが、交互に来ます。
とても不規則で5分おきとか10分おきとかなんですが…
そのたびにトイレに行きたくなります(--;)
でもお腹はちゃんと空くし(笑) 今夜は私の希望で魚すき鍋。

お風呂に入ったとき、お腹を見てみると、いつもとお腹の形が違う。
何だか赤ちゃんが少し頭の位置(?)を変えたみたいです。
数回シャックリみたいなのをしましたが、いつもは左下で感じるのに、今日は右下。入浴中も何度か、腹痛&生理痛を感じました。

これが陣痛につながるのか、それともずーっとこの状態が続くのか、あるいは今朝みたいに痛みが治まってしまうのか…
いずれにせよ、明日は検診を受けることになっているので、現状で何か判断してもらえるでしょう。
緊張の一夜です。
眠れるかな…

PS:以降の報告はもしかしたら私のHPの掲示板に書き込むかもしれません。

ざんねーん!

私の勘違いみたいです。(せっぷくぅー!)
お腹の張りも何もなくなり…
単なる腹痛だったみたい。ストレスによるものかしら。
で、結局午前中はニトリへ行ってぶらぶらしてきました。

その間に、Kさんからメール。
「二日連続で、赤ちゃんを抱いてる夢を見た。かわいかったな。本物はもうすぐかな?」

ううう…期待を裏切ってごめんよ相棒。
でも腰の辺りに生理前みたいな感じの違和感は続いているので、やっぱり近いうちに…?
いい予行演習にはなったかな(苦笑)。

なんか変です…

今明け方の5時半ですが…

4時ぐらいに目が覚めました。
下痢みたいにお腹が痛いので…
でも出ません。
夕べも少し吐き気がしたし、前にも似たようなことがあったので、下痢かなぁとも思うんですが…
実は昨日からお通じがないので出したいんですけどね(すいません毎度下品な話で^^;)

ただ、一度は下痢とは明らかに違う感じでした。何というか、「お腹風船」を一気にふくらまされて、しぼまされた、みたいな感じ。痛みじゃなくて一気にお腹が張って元に戻った、みたいな。
下痢のようなはっきりした感じの痛みを感じるときと、そうでないときとがあるので、もしやと思い、今間隔を測っているところです。
今のところ…20分ごとのような、違うような。
よくわかりません。

うーこんな下痢みたいなのが陣痛の始まりなんですか!?
何だかヤダ。

とりあえず様子を見ます。
もしかしたら今日中にちゃんとした陣痛が来るのかもしれません。

もし今日中に生まれたら(それはないか…)、Kさんと同じ誕生日になるんだけどな。

2005.03.26

今日は予定日、ですが…

結局、何事もなく過ぎようとしています。
ふぅー…

無意識にイライラしてるのか、腹帯のことなんかで母と口論。
何でこんなときにこんなくだらんことで言い合いしなきゃならんのだ…

これがもし姑さんなら、ハイハイとおとなしく聞いているのだろうけど、実母だからつい口答えをしてしまう。
やっぱり甘えているのかも、とも思われ。

今落ち着いてみると、ばかばかしくなってきた。
明日からはもう黙っておとなしく聞いていよう。

2005.03.25

予定日前日…

今日はW杯予選、日本対イラン戦。
今頃福井のKさんはTVにかじりついて見ていることだろう。

とりあえず、現況を書いておこう。

昨日の午後から今日一日の間で、さらに赤ちゃんの重みを股間(つまり恥骨の継ぎ目だろうか)にずっしり、痛いほど感じるようになった。どんどん赤ちゃんが下がってきているのだろうか。
妊娠初期に時々感じた、子宮のあたりの差し込みのようなチクッとした痛みや、骨盤辺りのギクシャク感を感じることもある。
来週の検診では、何か違うことを言われるかもしれない。
「本人」はまだのんきにモゴーッと動いたりシャックリしたりしているが、まぁだんだんと「その気」になりつつあるのだろう。

お腹の張りは…日に2度ぐらい。8ヶ月ごろの方がむしろひどかった気がする(そのせいで張り止めの薬を出されたのだ)。
それよりもやっぱり、左胸から背中にかけての筋肉痛のほうがきつい。
ただ…今日は夕食のときに数回、左の腰の辺りに違和感があった。
生理前のような、と言えなくもないが、はっきりしない。(…ていうか、生理痛ってどんなんだったっけ^^;)

今朝は祖母から「どんな具合?」と電話があった。
予定日過ぎたらだんだん周囲から電話やメールが増えるんじゃないかしら。

我が両親は毎晩夕食時に晩酌する習慣がある。
が、私の予定日も近づいてきて、母は毎日私に「今日は飲んでも大丈夫か」と尋ねるようになった(^^;)。つまりいざって時に車に乗れるように。
昨日も職場で食事会があったので、検診後の私に電話をかけてきて「どう? …ほな紹興酒飲んでも大丈夫か?」で、結局グラスワインとビールをジョッキ3杯飲んだそうだ。
しかしさすがに明日からは…
母はしばらく「ノンアルコールビール」を飲むらしい(笑)。

バックアップを取りたい

去年の7月(実際には9月ごろからだが)からこの「マタニティ日記」を書いてきたわけだが、一つ気がかりなことがある。
このlivedoor blog、バックアップがとれない。
有料サービスである「livedoor blog PRO」には、その機能がついているようだが、今利用している無料サービスではできない。
私がHPを置いている@niftyのブログサービス「ココログ」にはついているのだが…
「ココログ」を使わずlivedoorを利用することにしたのは、ココログよりも使い勝手がよく、デザインも豊富だったからだ。

ブログは所詮デジタルデータ、livedoorのサーバーが壊れたり、会員登録をやめてしまえば、データは消えてしまう。つまりこの9ヶ月間の妊婦生活の記録が、失われてしまうということだ。
まぁ残しておいても後々見るかどうかは怪しいものだが、やはり何らかの形で残しておきたい気はする。
もちろん1ページずつ印刷するという手もある。
…いったい何ページになるんだろうか…

ということで、何か方法がないか、模索中である。
…最終的には一時的にでも有料サービスを申し込むはめになるかもしれないが。

2005.03.24

まだまだ

予定日前の最後の検診(39週と5日)。
内診直後の先生、ひとこと、
「まだやね。」
それを聞いて私も内診台で足開いたまま、
「…はぁーっ」と苦笑いしながらため息。

エコーでまた羊水の状態をチェックし、その後初めてNSTを受けた。
寝台に横になって、お腹に二つほど器具をつけられた。直後、機械から聞こえてきた、けたたましいまでの心臓の鼓動の音。
赤ちゃんの鼓動。
「もし何か変わったことがあったら、これを押してくださいね」と呼び出しベルを示され、「たまごクラブ」など渡されて、看護師さんは席を外した。
しばらく音を聞いていたら、たまに赤ちゃんがもそもそすると、ちょっとペースが変わったり雑音が入ったりするのだが、まぁこれは当たり前だろう。

しばらくたってから別の看護師さんがやってきて、機械をチェックし、
「赤ちゃん寝ちゃってますねー。起こしますねー」と言っておもむろに取り出したのは、何だか電気髭剃りのような器具。
それを私のお腹にちょいとあてるとぶぃーんと振動が伝わって、赤ちゃんの鼓動が一瞬速くなった気がした。
あ、びっくりしてるよ。そりゃ寝てるところにいきなりそんなもん当てられたらびっくりするよな。
「起きましたねー」
と言って看護師さんは出て行った。

トータル30分ほど横になっていたが、さすがにずっと仰向けで疲れた。

終わってから再度問診を受けたが、NSTの結果でも「お腹の張りはないですね」とのこと(妊婦さんによっては自分で気づかないうちにお腹が張ったままの人もいるので)。
「初めての人の場合は1週間ぐらい遅れることもよくありますし」とも言われた。

次回からは予定日を過ぎるので、週2回の検診をおすすめします、というので、次は月曜日を予約。
今見ていただいている先生はもう転勤されてしまうので、次からは別の女の先生に見てもらうことに。
女医さんは久しぶりだな…

お腹の張りもたいしたことないし、おしるしもなし、陣痛っぽいものもなし、やっぱり筋肉痛と闘いながら(笑)もう少し待つしかなさそうやね。
どうせ遅れるなら週末を越える方が休日料金にならなくていいよな、などとセコイことまで考えてるのであった。

2005.03.21

母の日記

ネットをうろうろしていて見つけた記事。
昔から、満月や新月の日に出産が多い、と言われているんだそうな。
正確には(というのも変だけど)、新・満月の1日前と3日後にピークがあるという。
私の予定日は、ちょうどその満月の日にあたる。
もちろん科学的な根拠はないのだけど、人間も動物のうちだし、影響がないとも言い切れないんじゃないだろか。
うーむ。どうなるんだろう。

ゆうべ母はほとんど眠れなかったので、自分が私や弟を産んだときの育児日記を取り出して読んだそうだ。
…里帰りしてきたとき、私が「参考にしたいから見せてほしい」というと、なんか恥ずかしいからと見せてくれなかった。
でも結局今日、どんなことを書いているかを所々、読み上げてくれた。

母が私を産んだときは、難産だった。
母はO型のRH-(ちなみに父はAB型の+)、血液型不適合が起こる可能性がある上に、私は逆子だった。そして予定日の12日前に破水して入院。微弱陣痛で注射を打ち、もしかしたら帝王切開になるところを、レントゲンを撮って判断したりして、何とか経膣分娩できたらしい。
小さい頃はよく、「あんたは逆子でお尻からひっぱりだしたから出っ尻になったんや」などと、冗談で言われたものだった(笑)。
対して弟のときは、割と一般的なお産だったようだ。夜からお腹の張りが続き、1度は腹痛を感じて下痢を起こしたが、翌朝になってもやっぱりお腹が痛いので、どうやら陣痛らしいと判断し、トイレ掃除をしたりお風呂に入ったり(この辺は同居のお姑さん=私の祖母に言われたためらしい)して病院に行ったそうだ。
その後、次第に陣痛がきつくなって普通に出産にこぎつけたようだが、私が少し意外だったのは、母が結構お産に対してネガティブなことを書いていたことだ。
「ふたりめは少し楽と聞いていたのに、やはり痛い。なぜ女性だけがこんなに苦しまなければならないのか。こんなに痛いならもう2度とお産はごめんだ。○○(私の名)も将来こんな苦しみを味わわなければならないのか」と、当時まだ幼い私のことにまで言及していた。
…私自身は出産のとき、そして産後、いったいどんなことを考えるんだろう。
やはり痛みに苦しんで、お産は二度とごめんだ、と思ったりするんだろうか。
わからない。

それにしても、母もそうだし、いろんなブログを見ていても思ったが、みんな陣痛が始まってから、何時何分にどうなって、どんなことをしてというのを、よく正確に覚えているもんだと感心してしまう。
そんなに冷静に状況を把握していられるのかな、私は。

今日からもう一つ、赤ちゃん用品を縫い始めた。
実際に使うのはずうーっと先だけど、離乳食を食べ始めた頃に使う、ポケットつきのエプロン。フェイスタオルから作るので、これも割と簡単な裁縫だろう。でも私にとってはバイアステープ初体験、なのだった。
出産までに間に合うのかな?

2005.03.20

できたー♪

ニギニギえへへ。ニギニギ、やっとできました。
ちなみに右側の赤いのは、本には「うさぎ」となっていたのですが、Kさんに見せたところ、
「オスのくまとメスのくま(?)」。
ハハハ、やっぱうさぎには見えんよねぇ。
一応型紙どおりに作ったつもりなんだけど。
元々無理があると思う。

今朝、フランス外資系のスーパー、カルフールに行ってきました。
日本のスーパーとは何か違うのかしらと前から気になってたんですよね。
でもイオンに売却されたから、そのうち普通のスーパーになるのかな。

行ってみると、確かに普通の日本のスーパーとはちょっと違う感じでした。
昔ダイエーが作ったハイパーマート(あれもアメリカのウォルマートをまねたんだよね)に、ちょっと似てるかな?
輸入食品(特にフランスからの)が結構多かったです。
立地さえ選べば、ある意味貴重なスーパーかも(明石の郊外じゃねぇ…)。
値段は少し高めだったかなー。
生鮮食料品はそうでもないけど。

2005.03.19

ひさしぶりに夫婦で

昨日Kさんが大阪へ出張。夜、友人の一人が今度結婚するので、その前祝に友人たちと飲み会。式で友人たちと余興をすることになったそうな(ちなみにその人も去年7月に結婚相手と出会って11月に結婚なので、私たちと同じパターン)。
で、その後、実家へ寄ってもらいました。
Kさん、声が何だか鼻声だと思ったら、先週会社の人と仕事帰りにテニスに行ったら寒くて風邪ひいたとか…(--;)
ちなみに私が里帰りしてから2kg体重が減って学生時代(彼は下宿生活していた)の頃に戻ったらしいです。「結婚してから太ったー」と気にしていたので、何だかフクザツ…。んじゃ、福井に戻っても粗食で通す!?

さて一晩泊まって、今日は昼前に二人でマイカル明石へ。
でっかいショッピングセンターでしばらく時間をつぶして、そこの「ラーメン波止場」という、今よくあるラーメンテーマパーク(というほど店の数はないけど)でお昼を食べました。
ラーメン久しぶり♪
選んだ店はKさんのお好みで(私はその気になればまた行けるしね)、久留米ラーメンの「満州屋が一番」。Kさんは普通のとんこつ系、私はあっさりめのスープのを。なかなかおいしかったです。でも後で気がついたけど、そこは一番人気の店じゃなかったみたい(^^;)
その後三宮へ移動して、あっちこっち、ほとんど私の行きたい店ばかりウロウロしまくりました(つきあわせちゃってごめんねー)。
「ケーニヒスクローネ」のケーキセットでお茶をして帰りました。
今夜は彼は別の友人と京都で夕食の予定。いいな〜

んーでも何だか、まだまだ話したいことがたくさんあったような気がします。
メールや電話じゃ話しにくかったり言いにくかったりすること、あるもんねぇ。

スクラップブッキング

ところで、私が今日ウロウロして探していたのは、「スクラップブッキング」という写真を使ったクラフトに使う用具。
先日、アルバムのことをいろいろ調べているうちに興味がわいてきました。
スクラップブッキングそのものをやるかどうかはわかりませんが、写真をアルバムに整理するときに、同じテクニックを使って色々飾ったらよさそうだなぁ、なんて思い始めて。
なんとなく、ハマりそうな感じ。
やっぱり私には裁縫より写真や紙をレイアウトする作業の方が性にあうのかも(笑)。
昔の仕事のせいかしらねぇ。
一番欲しい、写真を切り抜くためのテンプレートが、どこの店に行っても売り切れだったのが残念でしたが、まぁボチボチとそろえることにしましょう。

これから出産までの時間は、お裁縫の続きと、写真の整理でのんびりと過ごすつもりです。

2005.03.17

変化が、あった

38週と5日目の検診。
今日はないと思っていたエコーに呼ばれたので何だろうと思ったら、赤ちゃんのサイズではなく、羊水の量を見ます、とのことだった。
子宮に羊水のスペースがあればOK、ということで、私は問題なかった。ほっ。

内診などの結果…
先週に比べると、赤ちゃんの位置が少し下がってきて、子宮口も薄くなってきているので、ま、いい感じです、とのこと。
おお。
こっちへ来てから初めてだよ、そういう変化があったの。
月曜日に朝からこっそり三ノ宮まで出かけて、ハンズやユザワヤで買い物しまくって、子供生まれたら当分入れないワ、とか思ってサンマルクカフェでお昼食べて、結局3時過ぎまでうろうろしたのが良かったのかしら(笑)

そう言われてみれば、最近座ると足の付け根に重みを感じるようになってきたかなぁ。いまだに赤ちゃんはお腹で暴れてるし(笑)、お腹の張りよりも相変わらず筋肉痛がひどいので(特に背中)、あまり意識はしてなかったけど。

予定日まであと一週間ちょいか。
桜の開花にあわせて、お花見に出てくるつもりかもしれないな。

2005.03.15

ほわいとでい

pudding私のホワイトデーは今日でした。

以前ロールケーキを食べた、三秀苑のプリン。
はるばる福井より届きました。

でもこれ、Kさんの分も、込みなのだ(笑)

続きを読む "ほわいとでい" »

2005.03.12

最近やっていること

先日から、赤ちゃんのための「ニギニギ」を作っている。
以前からこのブログをお読みの方はご存知の通り(笑)、私は裁縫や手芸の類がとーっても苦手だ。
…苦手なんだけど、里帰りすれば母に教えてもらえるだろうと思い、以前赤ちゃんに手作りするための本を買っていた。それをやっと、活用している。

続きを読む "最近やっていること" »

アラームされても…

メールソフトにOutlookを使っている。
これには予定表の機能もついているのだが、今日ソフトを起動したら、
ピロリロリン〜♪と音が鳴って
「出産予定日 13日前」
と表示された。

たしかにスケジュールに予定日は入力したけど、アラーム鳴らされても、なんだかなぁ…(^^;)

2005.03.11

出産ラッシュ!?

地元の友達MKと電話で会話。
彼女の開口一番、
「あたしなぁ、二人目が6ヶ月やねん」

ありゃー!
私と彼女、そしてもう一人東京在住の友人MSの3人は中学時代からの友人同士。
実は先日、東京のMS嬢からも妊娠した、と聞いたばかり。
つまりこの春には私が出産し、夏にはMK嬢が、そしてたぶん秋ごろにはMS嬢が出産、というわけ。
いやいや、こんなこともあるんだなー。

MK嬢とは去年秋に私が一度実家に戻ったときに会って、色々話を聞いていた。ちょうど私が今通院している病院で、彼女も一人目を出産していたので。
そのとき彼女は「二人目がほしいんやけどなぁ〜」という話もしていたが、もしかしたらあの時もうお腹にいたのかも…。
今日は色々、出産したときの具体的な話も聞いた。分娩中、助産師さんと二人っきりで、「○○先生のファンクラブがあって、私はその会員No.1なのよ」なんて話まで聞かされたそうな。「こっちは痛くてそれどこじゃないっちゅうねん!」と思ったそうだ(そりゃそうだろ)。足開きなさい、とパシッと叩かれたとか、いきむタイミングもうまく指示してもらえず何べんもいきんでたとか…。
なんだかなぁ。助産師さんにも当たりはずれがあるのかな。

やっぱ公立の市民病院だから、「患者=客」(という言い方も変だけど)という意識はないだろうし、検診なんかでも流れ作業的な感じはするよな、という意見で一致した。

2005.03.10

変化なし…

37週と5日目の検診日。
今日は予約が一杯とかで、普通に再診の手続きをして受付へ行くと、私の担当の先生は分娩のため診察が遅れているとの告知があった。
そっかー、今この時間にもがんばってる妊婦さんがいるんだなー。
…でも診察始まるまでどのぐらい待たなきゃいけないんだろう…(^^;)
などと考えながらとりあえず体重や血圧・検尿を済ませて待っていると、30分ぐらいで先にエコーの診察室へ呼ばれた。

赤ちゃんの推定体重はは2729g、2週間前よりだいたい300gぐらい増えていた。平均よりは少し小さめだそうだが、この時期の赤ちゃんは週に150gずつぐらい増えるそうなので、順調に育ってるということのようだ。

問診は先生と顔を合わせて「調子はどう?」「最近お腹の張りを感じることが少なくなりました、それより背中が痛くなります、あとまた便秘がちになりました」「あ、そう。んじゃ内診へ」これだけ。
前回痛かった内診は、今回そうでもなかった。2回目だったので慣れたことと、最近たまに呼吸法を練習しているので、それを試してみたおかげかも…。といっても深呼吸してただけだけどね。
で結果はやっぱり「子宮口は閉じてるし、赤ちゃんも下がってない」だった。

まぁ予定日まではまだ2週間あるしなー。
なんせおっとり型夫婦の子供だから、たぶん「まだ時間もあるし、暖かくなるまでここでのんびりしていよーっと♪」とか何とか、考えてるに違いない。

2005.03.07

いかなご

今日はいかなご漁の解禁日だったらしい。

今の季節、実家のあるこの明石の町を歩くとあちこちで見かける文字がある。

「いかなごのくぎ煮」

明石から神戸にかけての沿岸、いわゆる明石海峡のあたりでは、この時期に獲れるいかなごの小さいの…新子(しんこ)を佃煮にする。その色や姿が錆びた古釘に似てるので、「くぎ煮」という名前がついたんだそうな。
甘辛くやわらかく煮付けた小魚は、ご飯にとてもよくあう。これだけで何杯もご飯が食べられる、という人もいるぐらいだ。

地元民の中には、大量に作って親戚や近所に送ったり配ったりする奥様たちもいるようだ。それでこの時期、この近辺のスーパーでは大きな鍋やタッパーが売られているし、郵便局は「くぎ煮の地方発送はゆうパックで!」と宣伝に忙しい(笑)。
私が大阪で一人暮らししていた頃は、なぜか祖母が店頭で買ったくぎ煮をよく送ってきた。一人で一度に食べるには少し多すぎるので、たいていは小分けして冷凍していた。
うちの両親はもともと明石の人間ではないので、くぎ煮を作る習慣はないのだが、今年で退職して時間のできる母は、「来年からくぎ煮もしようかな」とつぶやいていた。

ちなみに…
「いかなご」っていうのはどうも関西地方の呼び方で、各地で違うらしい。
例えば東のほうへ行くと「小女子(こうなご)」と言うんだそうだ。
…そういや福井のスーパーでは「こうなご」で売ってたなぁ。15cmぐらいのでかいのが。
子供の頃よく食べてたのを久しぶりに見かけたので、懐かしくて思わず買ってしまった。さっそく翌日の朝食のテーブルにのせたよ。フライパンとかでざっと焼いて、おろししょうがとしょうゆをまぶして食べると、これがまたご飯にあうのさ(^_^)

2005.03.06

お墓参り

昔、初宮参りに使った着物私の出産を考えてお彼岸を前倒しし、祖父の眠るお墓へお参りしてきました。

墓地は実家からは車で1時間ぐらい走った隣の市にあります。
私が中学に入るまでは、祖父母と一緒にその街に住んでいました。父母と私と弟の4人が引越し、祖父がなくなった後は祖母が一人で住んでいましたが、今は祖母もよそへ移って、誰も住んでいない状態。たまに掃除に行ったり物を取りに行ったりして、法事やお墓参りなどのときだけ、開けています。
今回もお墓参りのあと、その家に寄り、買ってきたおすしを広げて昼食をとりました。
私や弟が幼い頃遊んだ庭、上がり降りした階段、身長を測って書き込んだ壁などはそのまま残っているので、行く度に懐かしい思いにとらわれます。
普段実家で使わない大きな荷物…たとえば父母が海外旅行に使うスーツケースとか…があちこちにしまわれているのですが、今日母が押入れから取り出してきたのは、昔私が初宮参りのときに使った着物でした。
襟元にひものようなものがついているのは、赤ちゃんを抱いた人に結びつけるためなのでしょうか。
「ほんのちょっとの間やのに、貸衣装とかで借りたら高くつくし、これつこたらええわ」と母。

Kさんの実家は、あんまり伝統的な儀式や行事にはこだわらないみたいなので、はたして初宮参りもどういう形でするのか(あるいはしないかも!?)わかりませんが、せっかくなので持って帰ろうと思います。

2005.03.05

ヨーカドー

先週、イトーヨーカドーのチラシが入っていて、ベビー用品がセールとなっていたので、ちょっと興味がわいて、母に連れて行ってもらった。
私が実家に住んでいた頃にはなかった店なので、そういう意味でも。
だってヨーカドーって行ったことなかったし。
(関西には少ないもんね、ヨーカドーは)

…何かよさそうなものがあれば買ってもいいなぁと思っていたけど、ベビー服の品揃えが結構良かった以外は、それほどでもなかった。
服は…最低必要な分はもうそろえたので、今は買うつもりはない。
でも、こういう売り場を回っているとなんとなく楽しいし、母もけっこう楽しそうだった。
ほかに買うものも特になく、なんとなく同じフロアのペットショップやら電気売り場などをめぐっただけ。

今日は、前からある左脇の痛みが広がって左背中のほうまで痛かった。
休憩して、そのまま帰るつもりだったけど、結局食料品売り場まで降りて、なぜか禁断のケーキまで買うことに(^^;)。

ダイエットはどこへ行ったのでしょうか…(>_<)

2005.03.03

特に何事もなく

36週と5日目の検診。
調子を聞かれて、「夕方になるとお腹が張ります」と答えたら、それで普通と言われただけ。
内診を受けて(痛かった…子宮口を指先でグリグリされてるらしい)、子宮口は開いてないし赤ちゃん(の頭)も下がってないのでまだ生まれる気配はなし、とのこと。自分でもあまり体調に変化はないなと思っていたけど、やっぱりね。
先週とった心電図は異常なし。気になる貧血のほうは血液検査に項目はなかったとかで、不明。エコーはなかったので、赤ちゃんの成長具合も不明。
でも私自身の体重が相変わらず増えている(週に1kgずつ!)ので、本気でダイエットしようと決意した(やっと)。
今で妊娠前から+8kg。先生は何も言わなかったが、こっちから聞いたら「毎週今のペースで増えたら太りすぎ」と言われた。
別にお腹が空いてるわけじゃないのに、なんか食べたい気がしてしょうがない…(>_<)どうしたら止められるんだろう。

こっちに来てから何が変わったかと言えば…

・朝食の用意は母がして(自分のお弁当を入れるため)、掃除は父がしているので、私のやる家事は半分ぐらいに減った。
・食事の量(カロリー)と塩分の量が少し増えた。
しかし、
・相変わらず間食をしている。
・運動量はそれほど変わっていない。

うむむ…考えてみると結構…要因はあるなぁ。
改善の余地が。
もっと積極的に(不要でも)家事をして、あとカロリーを減らして運動を増やして…
がんばろ。

2005.03.02

サイト更新完了…そして

ずっと続けている自分のHPの更新が完了。
当分、そちらをいじるのは休止するつもり。

このブログからリンクさせていただいている皆さんが、どんどん出産されて、マタニティ日記から子育て日記へと移り変わっている。
最近では、「天使に会う日まで」を書いていらっしゃったtomoさんが、2月15日の日記で更新が止まっているので、もしや…と想像している。
私もそのうちお仲間入りするんだろうな。
…というか、そうなってもらわなければ、困ります(^^;)。

出産のことや産後のことを想像すると、不安だらけ。
痛みに耐えられるんだろうか、とか、子供に愛情が持てるんだろうか、とか。
ときどき、赤ちゃんのことなんか忘れて昔に戻りたくなる。
こんな私で、ほんとにできるの?
育児放棄したくなるんじゃないだろうか、なんて。

「みんな不安」「大丈夫」という言葉を聞くたび、そしてすでに出産している友人たちの姿を思うたび、自分を励ましてはいるけど、やっぱりぬぐえない気持ち。
明日また検診。自己判断では、あまり体調の変化は感じられない。
これから毎週、どきどきしながら通うんだな。

2005.03.01

美容院にて

朝から美容院へカットに行った。
駅からの道に前に実家へ来たときにはなかった美容院ができていた。こっちに戻ってきてから何度かその前を通ったが、若い男の人がひとりでやっているみたいで、いつ見ても客が一人か、誰もいないみたいだった。あんまり流行ってないらしい。
でも念のため、と一応予約を入れておいた。

初めてということで顧客カードを書くよう言われたが、「今出産のために実家に戻ってきてるだけなので、あんまり意味ないんですが…」というと、じゃあ名前だけ、ということに。「…ということは、今9ヶ月ぐらいですか?」「10ヶ月です」
その人はなんとなく、妊婦というものを知っているな、という印象を受けた。
シャンプー台は、仰向けに寝るタイプのもあったが、少し傾けるだけのほとんど座ったままの状態でしてもらえる台に案内してくれたので助かった。
カットしてもらう間に話してみると、案の定7歳と3歳の子供がいるお父さんだった。その人の奥さんの場合は上の子のときに早産になって、けっこう大変だったらしい。それでもがんばって出産して育てて、という奥さんの姿を見て、女の人ってすごいな、頭があがらないな、と思ったんだそうな。
帰り際に「がんばってください」と言われたのが、なんとなくうれしかった。

それにしても体重の増加が止まらない。
美容院で鏡に向かったときも、ちょっとゾッとした。
顔がついぞ見たことがないぐらい、丸い!
自分では意識していないのだが、母の見た感じでは私の食べている量はだいぶ多いらしい。
…精神的にちょっと気が抜けてるというか、甘えている部分はあるかな。家事を全て引き受けてるとかきっちり分担しているとかじゃないので、朝早く起きる必要がないから生活習慣も変わり、気がゆるんでいるかも。
間食も…やっぱり続いてる(>_<) 今までにも何度もこの日記で間食はやめよう、と書いているのに、ちっともとまらない…
あーだめだ。何とかしなきゃ

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

最近のトラックバック