2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.27

友人宅で

友人たちと今日は中学時代の友人M嬢宅(彼女の持ち家マンションなのだ!)でお食事会。
私を入れて3人(本当はもう1人いるはずだったけど来れなくなった)が集まり、M嬢お手製の生春巻きとスープ、焼きそば、別の友人T嬢のおみやげ・点天の一口餃子を食す。
食後は私が持っていったシュークリーム&プチチーズケーキをデザートに。
少々食いすぎか…この際なので気にしない(^^;)

この前M嬢の家に行ったのはもう2年ぐらい前だった。
…結婚を悩んでた時期で、(実は歩いて15分の)わが実家には寄らず、彼女の家に泊めてもらってうだうだ言いながらお酒を飲みすぎ、翌朝二日酔いでずいぶんお世話になった。
今となっては…懐かしい思い出だなぁ。

お菓子をつまみつつうだうだとしゃべりこんで、友人宅を出たのは夕方5時。
お腹がいっぱいになりすぎたので、腹ごなしのつもりで少し遠回りをして帰宅。

…夜、入浴する頃になって、お腹の張りと同時に、軽い吐き気と腹痛を催す。
食べたものが悪かったのかと思ったが、同じ夕食をとった母はなんともない。
昼間食べ過ぎたのかそれとも歩いて冷えたのか…?
母は「まさか陣痛ちゃうやろな」と言ったが、どうも下痢か食あたりのときのような感じだった。
布団に入ってじっとしていたら、お腹の張りはひいたが、腹痛は続いた。そのうちトイレに行きたくなるだろうか…と思っていたらそのまま眠ってしまい、朝目が覚めたときには痛みは治まっていた。
なんだったんだろう。

2005.02.24

里帰り後の初検診

35週5日目。
今回は朝9時の予約だったせいか、秋に一度来たときほど待ち時間は長くなかった。
診察よりも先に腹部エコーを済ませた。エコー専門の先生がいるのだ。
赤ちゃんの推定体重が、先週の福井の検診から予想される増加量よりも少なく、お腹周りが少し細めだったからだろうか、こんなことを。
「今まで順調でも、臨月に入って失速する人もいるし」
「こう言うたら言葉は悪いけど、少しガリ」(<やせてるってこと)
…人の赤ちゃんに何言うねんオイ(`´)
まぁ、胎盤の位置もOKだし、へその緒も巻きついてないし、特に異常がないから言うんだろうけどね。
あ、あと今回赤ちゃんの子宮も映ったので、やはり女の子で間違いない、と。
ちなみに私は次の土曜から「臨月」になるのだが、もし来週中に産まれたとしても「早産」なんだそうだ。37週以降でないとだめらしい。
早く産みたいんだったらよく運動すること、のばしたいなら動かずに安静にする、なんてことも言われたね。
そりゃ運動するようにはしますが、そんなにうまくいくもんか。
担当の先生の内診でも早産の兆候はなし。
私としては少なくともまだあと2週間ぐらいはお腹にいてほしいなぁ。

夜、Kさんに電話で検診結果を報告。
「何食べてるの?」と聞いてみたら、先週のおかずの残りとかがまだ冷蔵庫に残っているので、それを食べたとか。セロリがごそっと残っていたので3日かけて食べたとか。明日の朝はハムエッグにしようかな、とか。

変な話だが、実家にいると時々結婚していることを忘れそうになる。
こんなお腹しているにも関わらず…。
Kさんとの1年半の生活が夢まぼろしか、妙に遠いことのような感じだ…まだ離れて一週間も経ってないのに(^^;)。
よその奥さんだったら、「会えなくてさびしい」とか「浮気してないかしら」とか心配するんだろうに。
私ってちょっと変かな。

結婚前は実家に帰ってもなんとなく落ち着かないというか、居場所がなかった。
母は口を開けばさっさと結婚しろ、という感じだったので、さっさと…自分の家に帰りたかった。
でも今は、福井にもここにも居場所がある。
ここには目的があって、来ている。
学生時代まで自分が使っていた部屋で寝起きし、かつて向かっていた机の席に座り、見慣れた窓からの景色を見ながら、キーをたたいている。
だから、妙に冷静で落ち着いているのかもしれない。
…帰る前は、こんな気持ちになるとは思わなかった。

2005.02.23

最後の母親学級

明石の病院での母親学級に行ってきました。
さすが大きな病院だけあって、20組(夫婦で参加している人もいる)以上の参加。
内容としては、分娩時の経過についてや入院時の注意事項、呼吸法の練習に病棟見学など。
いよいよ心の準備をしなきゃ…って感じになってきました。
(…といいつつ、今日も自分のサイトのまだできてない部分の編集作業をやってましたが)
呼吸法か…まだほとんど練習してません。
福井で聞いたソフロロジー式とこっちのラマーズ式は、やっぱり少し違うので…どっちがやりやすいかというと…誘導してくれる人がいればソフロロジーの方がやっぱりやりやすいし楽そう。でも実際のお産ではラマーズ式だろうし。ははは。
まぁ実際のお産が始まったらいちいちどっちで、なんて考えてられないだろうから、少なくともどちらにも共通で基本の腹式呼吸だけはしっかり練習しておこうと思います。多少は楽になるかもしれないし。

明日は検診だー。なんて言われるかな。どきどき。

2005.02.22

やばい!体重が!

お風呂上りに体重を量ったら、福井を出てから今日までの4日間の間に1キロも増えてしまった!
これはやばい…!
確かに神戸でたくさん甘いものを食べたし、間食も多かったし、食事の量も多少増えたような気がするし。
車で送り迎えばかりしてもらってたので、運動量も減ったかもしれない。
赤ちゃんの体重がそんなに急に増えるわけはないし。

ここで一気に増やすとせっかくのここまでの努力が水の泡…(T_T)
明日はこちらの病院の母親学級があり、送り迎えを父にしてもらうのだけど…帰りは途中で降ろしてもらって歩いて帰ろう…

赤ちゃんの服初お洗濯

水通ししたベビーのものたちそろえたものを、水洗いしました。
さすが明石。昨日も今日もいい天気です。

今日までのことをかいつまんで書きます。

続きを読む "赤ちゃんの服初お洗濯" »

2005.02.18

てんてこまいの一日

朝からてんてこまいだった。

ホームページの記事の追加分を、更新はかなわなかったが何とか下書きを終えて出力。おそらく移動の車中で校正することになるだろう。
郵便局に荷物引取りのTEL。3時ごろに来てもらうよう頼んでおいたのだが、いろいろあって間に合わないと思い、6時に伸ばしてもらった。
調味料が足りないことに気づいて、しかたなくスーパーに出かけた。
帰宅して昼食。残りもの片付け第一弾。
その後、煮物系おそうざい作り。私が留守の間、相方のことで心配なのはやはり食事なので、たまに食べてもらおうときんぴらや煮豆を作って小分けして冷凍しておくのだ。すでにゆでたほうれん草とひじきの煮物はストック済み。
合間に夕べ干しておいた洗濯物を片付けて。

ふー疲れた。また胸が痛い。
今はちょいと休憩中。で、パソコンに向かっている。
あと少しデータ入力などを終えたら、バックアップをとってPCも箱詰めだ。

あとは…家の掃除をして水槽の掃除をして、アイロンがけもあるがこれは最後でいいだろう。
夕食はもう残り物片付け第二弾で、余った野菜を適当に刻んでカキアゲにするつもり。

…まったく、こんなに家事を溜め込むほうが悪いんだが…
今日が比較的体調が良くて助かった。

2005.02.17

福井で最後の検診

34週5日目の検診日。土曜日には里帰りなので、これが福井で最後の検診になる。

朝から荷造りの続きをして、大体は終わった。
家の中の衣類や靴も、今度戻ってきたときにはもう5月に入ってるだろうから、冬物と春夏物をほとんど入れ替えた。
みんな出産前にはいろいろ家の中を片付けたり整理したりして、赤ちゃんを迎える準備をきちんとしてるんだろうけど、私はほとんどできてない。昼間、赤ちゃんを寝かせる場所さえ決まっていない。こんなぎりぎりまで自分のホームページのことなどにかまけてしまって、なんでもっと早くとりかかっておかなかったんだろう、いかん妊婦だなぁ…と後悔ばかりだ。

午後、検診に行こうと外に出たら、タイミングよく(--;)猛烈な風雨が降り出した。いやな感じ。
病院は珍しく混んでいて、予約したにもかかわらず、なぜか他の患者さんがどんどん優先されてゆき、1時間近く待たされた。
その間に、なんだか吐き気はしてくるし、左胸が痛くなってくるし。…この左胸の痛みは、もうだいぶ前からある症状で、お腹の張りとは少し違い、筋肉か肋骨が痛む感じで、少々横になっていたぐらいでは直らない。
以前、坐骨神経痛(?)になったときも左側だったが、どうも私は左ばかりが痛くなるみたいだ。やっぱり何か骨格にでも、ゆがみとか問題があるんだろうか。

おかげで診察室に入って、先生に「調子はどうですか」と尋ねられたとき、意地悪くも「待ちくだびれました」などと答えてしまった。
吐き気がすることや、左胸の痛みを訴えると、血液検査をすることになった。肝臓などのチェックをするためだ。
それ以外の血圧や尿、むくみなどの結果は問題なく、赤ちゃんも推定2427gと順調な大きさ。しかしエコーを見ている間も、気分が悪くなってきたので、早々に診察を終え、血液検査を受けて結果を待っている間、ベッドで休ませてもらうことにした。
40分ほど待たされたが、その間に一応吐き気もおさまり、痛みも楽になった。

検査の結果は問題なし。
…前回直っていた貧血の数値がまた悪くなっていたのが、ちょっとひっかかったが。
…やっぱりなぁ…
たぶん吐き気は妊娠とは関係なく、もともと弱い私の胃がちょっと調子を崩したんだろう。今週はけっこう外を出歩く時間が長かったせいか、あまり体調が良くなく、軽い下痢ぎみだったし。

一応、胃薬を渡された。

2005.02.12

オペラ座の怪人

今週末には私も里帰り。子供が生まれたら、なかなか映画も見に行けないし、外食も子供連れで入りやすいところに限定されちゃうし…
そう思って、今日はその両方を実行。

続きを読む "オペラ座の怪人" »

2005.02.10

夜の格闘

夜、寝るのが一苦労になってきた。

お腹が重たくなってきたので、仰向けでじっと寝ていることができない。
横向けになり、足元に湯たんぽ(レンジでチン、の小型のやつ)、ひざの辺りに小さいクッションをしいている。
医者いわく左側を下にした方が、静脈を押さえないのでいいらしいが、人間ずっと同じ側を向いて寝てはいられないので、どうしても寝返りを打ちたい。しかしこれがけっこうしんどい。お腹の上に乗っているものを移動させながら(…いや、ほんとそんな感じです)うんしょっと向きを変える。赤ちゃんもそのときは居心地悪そうにモソモソしている。
しかも今は真冬で布団、肌布団、毛布と3枚も重ねているので、余計身動きがとりにくい。寝返りをすると同時に足元のクッションやら湯たんぽもゴソゴソ移動させているので、重い布団を持ち上げつつの重労働(?)になってしまう。
なんとか体を安定させて眠ろうとすると、今度はお腹の赤ちゃんがモゾモゾ活動を開始したりしゃっくりを始めたりするので、ちっとも落ち着きゃしない(^^;)。
できることならうつ伏せで眠りたいぐらいだ。なんだかそれが一番楽な気がする。お腹の部分だけ沈んでくれる敷布団があったら、なんて思ってしまう。
いや、実際そういうクッションもあるようだが、どうせあと2ヶ月たらずなので、そのためだけに高価なクッションを買うのはバカらしい。

それでも最後には何とか眠れるのだが、眠りが浅いのか、やたら夢を見る。
それも、いい夢はあまりない。
夕べはとうとう、うなされて「助けて助けて」を繰り返して、隣のKさんを起こしてしまった。
まーっ黒なところに、幽霊か何かに引っ張りこまれていくような夢だった。
目が覚めてもまわりも暗くて、そのうちまた眠ってしまったので、いったいどこからどこまでが夢だったのかもあいまいだ。朝起きてからKさんに聞いたら、うなされてたのは本当だった。
もともと10代の頃から、夜中に金縛りっぽい状態になって目を覚ますこともあったのだが、結婚後はほとんどなく、久しぶりのことだった。

出産前に眠りが浅くなるのは、産後、赤ちゃんの授乳に備えてお母さんも目が覚めやすくなるためだ、という話もある(本当かな?)。
産後に比べりゃ、この程度の夜の格闘は大したことないんだろうけど。

…でも今夜はまたどんな悪夢を見るんだろうかと思うと、やっぱりちょっと、しんどいです。

2005.02.03

32週目検診、&…

本日は節分。
私が子供の頃の節分といえば、豆まきと相場が決まっていたが、近頃は巻き寿司の丸かぶりというのがはやっているらしい。
関西だけの風習だったのが、コンビニだかおすし屋さんだか、商売上手な人たちが全国に広めてしまったものだ。土用の丑のうなぎ、バレンタインチョコと似たようなもんだな。
ちなみに私は関西(兵庫県南部)の出身だが、そんな丸かぶりなんて聞いたこともなかった。
いったい関西のどこの風習なんだか…?

続きを読む "32週目検診、&…" »

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

最近のトラックバック