2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

無料ブログはココログ

トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.26

気になる?

(これは、当日ノートに書いた日記を修正・入力したものです。)

保険会社で今月いっぱいバイト中です。やはり水害の影響で、現場はかなり大変なようです。私が行っている所は自動車の保険を扱うところですが、通常の事故処理に加え、「豪雨で冠水」というのが一度に200件以上も来ているので、社員の方たちは対応が大変のようです。関西や名古屋の方からも応援が来られているようですね。

私以外にも何人か応援がいます。私と同じような派遣会社から来た人や、保険会社が直接雇ったパートさん。…働くのは久しぶりなので、何だか楽しいですね。

お昼休みに思い切って、その人たちに妊娠していることを伝えました。
何しろまだ実家にも報告してないし、Kさん以外、直接この話題で話せる相手がいなかったので、話し相手がほしかったのです。

それからというもの、色々気を遣ってもらって。
書類の上げ下ろしや、階段の上がり下りまで気にしてもらって。
まだ特につわりらしいものも感じていないので、普通に行動していたら、かえって心配されちゃっています。
自転車通勤ですが、それもあまり良くないようなことも言われました。
そうはいっても、これしか手段ないし…

2004.07.23

不安

(これは、当日ノートに書いた日記を修正・入力したものです。)

夜になると不安になってしまい、夕べも布団に入ってから泣いてしまった。

妊娠がわかってからこの数日間、Kさんに対してなぜか反抗的、素直になれなくて、彼を怒らせたりぎこちない会話になったり。すごく距離感を感じるのだった。
彼を頼れるんだろうか。
彼を信じなければならないのはわかっているんだけど。

2004.07.20

病院へ

(これは、当日ノートに書いた日記を修正・入力したものです。)

夕べ食事の後、「明日、産婦人科に行って来る」と言って、その後黙っていたら、Kさんは気が付いて、「ああ、 …そうか」と言った。
心持ち、笑顔が見えた気もしたけど、後はごく普通の態度で、新聞なんか読んで。
「今回はうまくいったんやな」などと、まるで理科の実験が成功したかのようなことまで。
…なんか、期待していた反応と違う…

その後も彼は、「とすると、来年の3月か4月ぐらいか、仕事が忙しい時期やな…ちょっとずらされへん?」とか何とか。(そんな無茶な)

初めてのことだし、もっとこう、感動があるのかと思っていたのに。

なぜか、何だか悲しくなってしまった。

今考えてみたら、彼もどう反応していいか、わからなくて、とりあえず思いついたことを口に出したんだろうか、なんて思えるのだけど。
そのときは妙に、悲しかった。

今日、病院に行った。検査の結果、正常な妊娠とわかった。
子宮内にきちんと「赤ちゃんの袋」(という表現を先生は使った。医学的には胎嚢って言うんだけどね)が見える。まずはこれがここに見えることが大事、とか。超音波検査(エコー)では、まだ黒い丸いものが写っているだけ。次は2週間後に来てくださいとのこと。順調に育っているか、心音が聞こえるかをみるそうだ。

しかし、説明はそれだけ。
もっと例えば、日常生活の注意事項とか、妊娠の週の数え方とか、予定がいつ頃とか教えてくれるのかと思っていたのに、まったく何も言ってくれない。
こっちから聞かないと、何も教えてくれないのだろうか。
次に行くときは、質問の紙を携えていこう。

午後、派遣会社から仕事の紹介があり、明日から行くことになった。
医療事務の仕事の会社からも連絡があった。8月から行くことになるかもしれない。
結婚して半年以上ぶりの仕事が立て続けに。
いやはや。
転がるときには、いっきに転がり始めるものだと。
今日で、人生の休暇は終わりかな…と思った。

私は仕事のことで頭がいっぱいになって病院に行ったことを忘れてしまい、Kさんが帰ってきて「どうやった?」と言われたときにも一瞬ぽかんとしてしまい、思い出してあぁ、と病院でもらったエコー写真を見せた。

黒い●しか写っていない写真を見てKさんは、
「何やわからんな」
それからワインを取り出した。
「初めてやから、お祝い」

…私は彼のこういうところにホレて結婚したらしい。

「妊婦にお酒?(笑)」と思ったが、「なめるくらいやったらいいやろ」と言われ。
いやいや、結局グラスに半分ぐらいいただきました。
もう禁酒ね。

2004.07.19

とうとう。

(これは、当日ノートに書いた日記を修正・入力したものです。)

とうとうその日が来たみたい。

先週の火曜日辺りから、生理前のような胸の痛みや、腰のあたりの重い、はれたような感じの症状があって、「ああ、また生理が来るんだな」と思った。そう思うと急に悲しくなって、夜、布団に入ったときに、泣いてしまった。
それで憂さ晴らしに、週末はお酒を飲んで、焼肉を食べよう、と決めた。

ところが、今日になってもまだ始まらない。
…もしかして…

Kさん(相方のこと)が仕事に出かけた後、自分で検査してみると…
陽性。
心臓がどきどきしてくるのを感じた。
思い返してみると、確かにいつもと違う感じはする。トイレが近くなったり、お腹の内側が腫れているような気がしたり。
明日、病院へ行ってみよう。

もちろん、今日彼が帰ってきたら、報告するけど。
どんな顔をするんだろう。

トップページ | 2004年8月 »

最近のトラックバック